寝起きの症状〜無意識にある感情 - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

陽開カイロプラクティック 
カイロプラクター
045-981-4431
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

井元 雄一
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
吉川 祐介
(カイロプラクター)
市原 真二郎
(カイロプラクター)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

寝起きの症状〜無意識にある感情

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. マッサージ・手技療法全般
ココロとカラダの関係
当院に来られる患者さんの訴えでよくあるのが、「寝かたが悪かったのか朝起きたら痛くなっていた」、「起きたときが調子が悪い」とか''「朝起きると緊張している」''などがあります。

この時、たいていの患者さんは、枕のせいやベッドの硬さを心配されています。ところが実際は、寝る環境の変化が影響している要素はそんなに大きくないんです。
それに朝、症状を訴える方、みんなが環境に変化があったわけでもないですし。
たしかに環境が変わることで、多少睡眠の質に影響はでますが、本来、私たちは環境への適応力を持っています。その適応力が落ちている別の本質的問題があるんです。

私たちは、起きている時は顕在意識がはっきりしていますが、寝ている時は、顕在意識が低下していき、潜在意識・無意識が優位になってきます。
だから、寝ている時に夢を見るんですよね。

そこに本質的問題があるんです!

私たちは、起きている時に感じているマイナス感情を、防衛手段として、よく潜在意識・無意識にしまい込んでいます。
それが、睡眠に入り顕在意識が低下すると、潜在意識・無意識から噴出して、知らずに緊張を作り出しています。中には歯軋りしている場合もあるでしょう。
そうして、緊張して寝ているので、朝起きると肩が凝っていたり、疲れを感じたりするわけなんです。

そんな症状に心当たりがある人は要注意。
意識下に押さえ込んでいる感情が限界に来ている証拠ですよ。そんな時は、自分の押さえ込んでいる気持ちを見つけてあげましょう。無意識を意識して開放してあげるとすこし変化がでてきますよ。

なかなか仕舞い込んだ感情が見えなくなってしまっている場合は、カラダの声を聞きに、ぜひ入らしてください。
お手伝いさせて頂きます。

山中英司

治療院のホームページ http://www.hikaichiro.com/
私のブログ http://hikaiyamanaka.blog73.fc2.com/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カイロプラクター)
陽開カイロプラクティック 

「体は心の鏡」 体の解放は、心の解放からはじまります

臨床を通して痛感することは、体は心の鏡のような存在だということ。様々な症状の裏には、もう一人の自分からのメッセージが隠されています。カラダを診るプロフェッショナルとして、クライアントの心とも真剣に向き合うことを信条にしています。

045-981-4431
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ココロとカラダの関係」のコラム