金利は上昇か? - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

高橋 正典
スタイルグループ 代表取締役
東京都
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

金利は上昇か?

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
不動産にまつわるお金 金利あれこれ

景気の下げ止まりか!



今年に入り、長期金利が上昇傾向にありました。

住宅ローン減税とも相まって不動産購入の追い風のように、不動産会社も

利用していました。

私のお客様も、10年固定金利を視野に入れた返済計画を立てられた方が多く

とても勉強されているのが伺えます。



「変動金利」か「長期固定」か



これはとても悩む事です。

我々FPの立場も二分しているのが実態でして、結論から言えばどちらが正しい

とは言いきれず、個々人のファイナンス状況やライフプランニングよるという

のが正解なのでしょう。


しかし、ここで気をつけたいのは、「変動金利=不安定」となり

「固定金利=安心」といった、極端なイメージを持たれている方が多い

我が国においては、「変動金利がいいですよ!」とお勧めする行為は、反対

意見を浴びる場合が多いため、本当はいい時であっても勧めるFPは少ないと

いう現実がある点です。


一同、同じ方向に進む事が、決していい結果になるとは限らない時代です。

本音、本心そして確かな根拠を持つFPと出会う事が、資産形成において、

とても重要である時代に、今後、益々なっていくことでしょう。

そういう視点から、業者選びをされるのもポイントです。