公的年金2年連続マイナス運用、赤字10兆円 - 保険選び - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
羽田野 博子
羽田野 博子
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

公的年金2年連続マイナス運用、赤字10兆円

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
2008年公的年金の運用利回りは、マイナス10%超。
マイナス運用は2年連続で、単年度の赤字額は10兆円に達しました。
厚生労働省は目標運用利回りを4.1%に設定しており、株式市場回復を追い風に早期挽回が必要です。

公的年金の要素は主に「運用利回り・出生率・賃金上昇率」の3点セット。
出生率の見通しは1.26(2055年時点)、賃金上昇率は2.5%を前提としています。

出生率に関しては2007年に1.34まで回復。
ただ賃金(平均標準報酬月額)上昇率は1992年から2001年の過去10年平均で0.7%。
過去25年平均でも1.2%で、見直さなければなりません。

2003年、2005年の公的年金運用実績はプラス10%超。
過度に悲観する必要はありませんが、今後より個人での自助努力が求められます。


☆「総合金融代理店 Adual」のHPはこちら
☆「学資保険」ページはこちら(Adual学資保険サイト)
☆「ワケありの元本確保型商品」ページはこちら(Adual資産運用サイト)
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。