睡眠短縮の是非、5時間以下の死亡率1.7倍 - 保険選び - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

睡眠短縮の是非、5時間以下の死亡率1.7倍

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
「睡眠は弱者の特権です」。
キューバ危機を題材にした映画“13days”のワンシーン。
危機を乗り切るため不眠不休で取り組んでいた政治家が、「少し寝てはどうか?」とねぎらわれた際にそう答えていました。
国を守る立場の人間としてあるべき姿の一つかもしれませんが、そう永くは守れないようです。

イギリスの研究グループによると、睡眠時間と健康の関係は密接。
平均睡眠時間5時間以下の場合、それ以上睡眠をとる場合と比べ死亡率が1.7倍になるそうです。
特に心臓病を発症する可能性は2倍に達しました。
睡眠不足が血圧の上昇を促し、心臓に負担をかけるようです。

厚生労働省の発表によると、平成20年度の心疾患による死亡者数は18万1,822人。
ガンに次いで2番目に多い死亡原因となっています。


☆「総合金融代理店 Adual」のHPはこちら
☆「学資保険」ページはこちら(Adual学資保険サイト)
☆「ワケありの元本確保型商品」ページはこちら(Adual資産運用サイト)
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。