収納のポイント 【持ち物を分類する】 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

平原 光人
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

収納のポイント 【持ち物を分類する】

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
インテリア
収納をする前に、持ち物をチェックいたしましょう。
チェックするポイントは、使用頻度によって分ける
方法があります。

毎日使うもの、週に1回、月に1回、年に1回しか
使わないもの、季節によっても使うもの使わない
ものなどに分けられます。

このように考えると、どの程度の持ち物があるのか
おおよそ把握することができます。

また、一度チェックしても、ライフステージによって
持ち物は変化します。
特に、子どもは成長するにつれて持ち物が
増えてきます。小さいときは、小物が少しあるだけ
ですが、独立前になるとかなりの量になります。
また、趣味が増えれば、それに応じて持ち物も
増えていきます。

収納の見直し時期に、もう一度再チェックいた
しましょう。


一級建築士事務所 ナユタ
http://www.nayuta-co.com/

納得!暮らしの快適空間
http://www.kaiteki-kukan.net/