伝達 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

伝達

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 経営実践
おはようございます。

昨日からの続き、ずらす方法について。
今日は伝達ということについて考えてみます。
これは昨日の提示と似たようなお話です。


ブログやSNSなどを使って、社長個人の趣味など商売とは
直接関係のない話を書く人が増えました。
中小零細企業において社長個人のキャラクターというものは
非常に重要なブランドツール(差別化のための道具)です。
これを活用しなければ「選ばれる企業」になることはまず不可能です。

・社長さんがどんなことを考えて商品を作っているのか
・現在社長さんが興味を持っていることは何なのか
こういった要素が相手に伝わることで、その商品は単なるものではなく
「あの社長さんが売っている商品」になる可能性があります。


また自社の商品がどんなものなのか伝達するのにも実に様々な
方法が存在します。

・敢えてデメリットを強調する
・値段の高さを強調する

こういった一見不合理とも思える伝達をすることで、むしろ相手の
興味をひき購買につなげているようなケースです。


ここまでずらすことについて考えてきました。
このずらすという作業を少し別の表現で考えてみます。

この項、明日に続く。

いつもお読み頂きありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

帳面だけでは何も進まず(2016/08/01 07:08)

現状に気が付けるか?(2016/07/31 07:07)

初期仏教や東洋医学(2016/07/28 07:07)