お金が貯まらない人への処方箋3 - 公的年金・年金手続 - 専門家プロファイル

山中 伸枝
ワイズライフFPコンサルタント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:年金・社会保険

森 久美子
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

お金が貯まらない人への処方箋3

- good

  1. マネー
  2. 年金・社会保険
  3. 公的年金・年金手続
アンダー40の為の資産作り講座
今月はどうしてもお金が貯められない!という方へ、ズバリ処方箋をお出ししております。


お金が貯まらない人 タイプ3・・・灯台下暗し




お金を貯めようと思うと、定期預金だけではなかなか成長よろしくありません。ですから多少なりとも投資商品を組み合わせていかなければ、お金の健やかな成長は望めないのです。

ここで注意したいのは、投資商品には「手数料」がつきものだということ。

例えば投資信託。投資信託は、買う時(販売手数料)、保有している間ずっと(信託報酬)、売るとき(信託財産留保額)それぞれ手数料がかかります。

対して定期預金は?手数料なんてありませんよね。

お金を貯めることが苦手な方に、得てして「儲かる」というおいしい話ばかりが気になって、「手数料」などかかるコストに無頓着という方がいます。これでは、灯台下暗し。殖やすつもりが手数料の分だけ損ということもありえます。

投資商品の「手数料」は、その商品があたなにとって本当にコストに見合うだけのメリットがあるのかどうか、を見定める必要があります。

本日の処方箋・・・コスト意識をもつ