ヴィデオを待ちながら――映像、60年代から今日へ - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

前川 知子
株式会社ハウスオブトゥモロー 
インテリアデザイナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ヴィデオを待ちながら――映像、60年代から今日へ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般
展覧会日記

もう終わってしまったのですが、東京都近代美術館で行われていた展覧会で、“ヴィデオを待ちながら――映像、60年代から今日へ”という映像アートの展覧会を終了間際に滑り込みで見ました。

ゴードン・マッタ=クラークの建物を切るやつの記録と、ロバート・スミッソンのスパイラル・ジェッティの制作記録はすごかった。あと、ビル・ヴィオラは素晴らしいですね、やはり。
ダン・グレアムのインタラクション性のあるアートは、不思議な感覚を体験させてくれます。
ブルース・ナウマンがこんなにヴィデオアートやってるとは知りませんでした。多才な方ですね。

ヴィデオアートの作家は総じてとても知的な方が多いようです。
人が、人やものを見る、ということを、かなり冷静に考えているからなのでしょう。
それだけに、つまらないものはむちゃくちゃ退屈に見えます。
ま、しかし、1970年代というのは、そういう退屈さを許容していた時代であり、知性を、ポーズであったとしても重んじていた時代だったのでしょうね。

本当に見れてよかったです。

(この内容は、一部house of tomorrowのブログにも記載されています)