【デンキとエコ 3/6】 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

須永豪・サバイバルデザイン 
長野県
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【デンキとエコ 3/6】

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
建築的
ソーラーパネルは降り注ぐ太陽の光で発電ができ、送電しないからロスもなく理想的に思えます。
ただそのソーラーパネルの製造過程で多くの石油を使いCO2が発生するのでむしろ悪い、というはなしがあります。
またソーラーパネルの下では電磁波を浴びることになる、というはなしもあります。
その真偽と程度問題は、僕には追求しようがありませんし、ジャーナリストでもないので深くは突っ込みませんが、
環境と健康に「?」がつくものは、あまりクライアントにお薦めはしません。
もちろん太陽のエネルギーは発電以外にも有効な使い道があります。
太陽熱で水を温めお湯にするソーラー温水器は、子供にでもわかる単純な仕組みで、実績もすでに数十年ある設備です。
ガスもまた枯渇が心配されているエネルギーで、石油があと40年、ガスはあと60年と言われています。
発電パネルに200万円投資し電気を月1万円分産み出させ20年で元を取るよりも、
太陽温水器に30万円投資しガス代を月3千円分産み出させ10年で元を取る方が、
コンパクトだし社会の予期せぬ落とし穴も少ないと思います。
太陽温水器はかつては壊れやすい製品も多かったようですが、現在では改良され耐久性はグンと高くなっています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(長野県 / 建築家)
須永豪・サバイバルデザイン 

人間らしい「サバイバル」ってなんだろう?

安心して寄り掛かれるおおきな木のような存在感と、ジャングルジムのような自由さと、楽器のような豊かな響きがある空間。そういうものを、木でつくりたい。

カテゴリ 「建築的」のコラム