【デンキとエコ 2/6】 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

須永豪・サバイバルデザイン 
長野県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【デンキとエコ 2/6】

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
建築的
火力発電所では天然ガス・石炭・石油を燃やした熱い水蒸気でタービンを廻して電気をつくります。
その際エネルギーの6割が発電ロスとして失われ、発電所から人の暮らす都市へ送る際に5%が送電ロスとして失われ、実際に届くのは35%ほど。
都市で必要とされる電気の量に合わせ、ロスの分も見込んで余剰分まで燃やされています。
家庭ではこんどはエアコンや電気ポットなど、電気を熱に変換する際にもエネルギーのロスが生じます。
熱を電気に変え、その電気を熱に変え、そのたびごとにロスが生じている、というわけです。
だったら、湯はガスで沸かし、暖房は石油を燃やした方が、ずっと真面目な省エネだと思いませんか?
パソコンはガスで動いてくれませんけれど、暖を得るだけなら電気は要りません。
CO2の問題でいえば、その発生場所が自宅か発電所かという違いで、
じつは私たちには見えない発電所で、エネルギーをロスの分まで余分に無駄づかいし、
余分に環境悪化を促進させていることになります。
「電気から熱を得る」というのは驚くほど非効率な方法で、それを使い続けていることは、
知らないうちに環境破壊への片棒を担がされていた、ということになります。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(長野県 / 建築家)
須永豪・サバイバルデザイン 

人間らしい「サバイバル」ってなんだろう?

安心して寄り掛かれるおおきな木のような存在感と、ジャングルジムのような自由さと、楽器のような豊かな響きがある空間。そういうものを、木でつくりたい。

カテゴリ 「建築的」のコラム