リビングとダイニングを緩やかに分離する - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

野平 史彦
株式会社野平都市建築研究所 代表取締役
千葉県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リビングとダイニングを緩やかに分離する

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
空間の詩学
流山の運河沿いの家。
敷地北側が運河に面していて、
春にはその運河沿いのサクラが見事である。
そこで、この家は北側リビング・ダイニングの家となった。
美しい風景は、北から南側を眺めるものである。
南の日差しはハイサイドラントから取り込む。

リビングとダイニングの間に設けた階段からも
運河の風景が眺められる。
そして、この階段は、リビングとダイニングを
緩やかに分離している。

床は30mmの無垢板、壁は2色の漆喰を塗り重ねる事で
深い味わいを醸し出している。


=====
次回の船橋建築塾は、今週末です。
初めての方もどしどし御参加下さい!
=====