周囲から浮く覚悟を - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

周囲から浮く覚悟を

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 経営実践
おはようございます。

昨日からの続き、中小零細企業には選択と集中の姿勢を持つことが
求められていることを説明しました。


具体的に上記のことを実践しようとすると、おそらくある壁にぶつかります。
それは

・周囲から浮く

ということです。


自分のやらないことを決め、集中する分野を選ぼうとした場合に
よくあるのですが、例えば同業者や周囲がその業種に対して抱いて
いるイメージから離れていくことがあります。


実は私自身も

・企業合併や複雑な金融商品取引について勉強するつもりはない

という話を先輩税理士にして、こっぴどく叱られることがあります。
「お前は税理士というものを何だと思っているんだ!」という感じで。


しかし、これこそが現在の私にとって最大の課題です。
私がやらなければならないのは


・私の仕事を既存の税理士業からなるべくずらす

ということです。
ずらすことが出来ない限り、私は大手税理士法人に駆逐されて
終わるしかないのです。

よく「特徴ある仕事」だとか「独自のやり方」と呼ばれるものです。
現状の日本においては、ありとあらゆる業種において企業が多すぎる
状態になっています。
その中にあって市場から選ばれるには、他と区別のつかないような
仕事をしていてはいけません。

「税理士にどっぷりつかった税理士」よりも
「税理士とは思えないような税理士」の方が成長の見込みが
あります。


同業者から

・お前、何を考えているんだ

と言われるようになる必要があります。


この項、明日に続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

帳面だけでは何も進まず(2016/08/01 07:08)

現状に気が付けるか?(2016/07/31 07:07)

初期仏教や東洋医学(2016/07/28 07:07)