Q&Aへの回答:「社長」とのコミュニケーション - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

最上 雄太
株式会社イデアス 取締役CEO
東京都
ビジネススキル講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Q&Aへの回答:「社長」とのコミュニケーション

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
セルフコンセプト・コラム Q&Aへの回答
このコラムは
日時│2009/06/08 21:46「社長」とのコミュニケーション に対しての回答コラムです。
質問ページはこちらをご覧ください
 ⇒「社長」とのコミュニケーション

質問内容は下記です
------------------------------------

小さな会社で、ほぼ社長とマンツーマンで仕事をしています。が、なかなか社長とのコミュニケーションがうまくいきません。例えば、商談で同じ話を聞いていても、私がこうだ、と思って動いた行動と、社長が聞いてこうすべき、という答えが一致せず、怒られることが多々あります。しかし、事前に社長に聞けば聞いたで自分で考えろと怒られます。自分としては、できることを精一杯やってるつもりですが、空回りして、すべて裏目に出ています。なにかよい方法?というか解決策、ヒントはありませんでしょうか。よろしくお願いします。

------------------------------------

以下回答いたします。


tom_o1976さん

研修講師の最上雄太です

tom_o1976さんのご質問にお答えします。

tom_o1976さんのご質問を拝見してとてもびっくりしました。
私もまったく同じ経験をしたことがあるからです。
同じ年代のときに、同じような状況・環境で仕事をしていました。

その時の経験でいまだから言えることをお話します。
何らかのヒントとなれば幸いです。


その頃、私もtom_o1976さんと同じように
社長に提言してははねられ、
相談すると同じように怒られました。

社長に対しては当時大変ムカついていました。

そんな状態でしたたので
どうすれば、社長とうまくつきあるかとても悩んだものです。

社長との付き合い方について
考えれば考えるほどに
工夫すればするほどに
噛み合わなくなっていたというのがその時でした。

社長との関係が感情的になってしまい
それがうまくいかない原因だったのかもしれません。


いまにして思えばですが、
「付き合い方を考える」という考え方そのものが間違っていたと反省しています。

社長は思った以上に、私の姿・ふるまいを見ていて、
いま私がどの程度本気か、どこまで真剣に取り組んでいるかを
観察していたように感じます。

感情的に向かってきていることも。



基本的に中小企業の社長は、
特に自分で会社を興した人は、会社に自分の生き方を投影し
命がけで、経営をしています。

会社が成り立たなくなったら、全ての責任を負う覚悟を持っています。
それが「会社を経営する」ということです。

会社に対してハラをくくっています。

これは自分で会社を経営するようになってみてはじめて実感できたことでもあります。



その当時の社長は、参謀である私に
どの程度ハラをくくっているか、見ていたと考えられます。

そして、事実として
その当時の私のハラのくくり具合は社長とは比較になりませんでした。

・数百人の社員の雇用
・個人では考えられないような動くお金の大きさ
・社会的な責任 などなど

それらを、社長のように自分の責任として考えることはできていませんでした。
どこかで、社長ではないという「逃げ」があったような気がします。


全ていまだから言えることです。
その当時の私は、私なりに一生懸命やっているつもりでした。
もちろん、tom_o1976さんもそうなんだと思います。


どの程度私の経験とtom_o1976さんのいまの状況が重なるかはわかりませんが
tom_o1976さんの社長は、tom_o1976さんの姿勢やふるまいを見ているのではないかと
直感的に感じました。

社長はそれを意識しないで行っているかもしれません。



いかがでしょう?



社長は聞いていないようで、実は聞いています。

社長は、社長なりの意地があり
参謀として信用していても、「はいそうですか」とはなかなか言わないものです。

そのような社長の性格(社長心)を少し考えてみるのもよいかもしれません。


あと
tom_o1976さんの社長のふるまいを想像すると
tom_o1976さんを鍛えようとしているように見えます。

tom_o1976さんにとっては、「社長はいつも困ったことを言う」という感じかもしれませんが
どんな対応をするのか、どんな変化を見せてくるのかを楽しみに待っているような。


tom_o1976さんの質問を拝見して
なんだか色々当時の状況を思い出し、色々書いてしまいました。


最後に一言


参謀として社長に愛情を持って接すること。


これができれば最高だと思います。


tom_o1976さんのヒントとなれば幸いです。



その人に必要なマインドを引き出し、「ぶれない軸」を作ります
株式会社イデアス 取締役CEO/研修講師 最上雄太