アクセス解析 二つのアプローチ方法 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アクセス解析 二つのアプローチ方法

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
アクセス解析・LPOの有効な活用方法 失われた時間は戻らない

二つのアプローチ方法


アクセス解析の活用方法として二つのアプローチ方法がある。

一つ目のアプローチは仮説検証アプローチ。ディレクターや Web デザイナーは通常作るホームページの目的やターゲットユーザーなどをあらかじめ顧客と打ち合わせ、決めている。さらに、ユーザーをホームページの目的(商品購入や資料請求)へ誘導するためのユーザーの動きについて仮説をもっている。この仮説をアクセスログで正しかったかを検証する。これを仮説検証アプローチという。

二つ目のアプローチは問題発見アプローチ。ホームページの成功要因は自社の強み・弱みだけでない。市場の動向、競合の戦略などにも影響を受ける。実際に立ち上げてはじめてわかることが多い。データを見ることで当初気付かなかった問題点を発見、ユーザーの動きを仮説として立案することができる。仮説検証の反対のアプローチ。これを問題発見アプローチという。

まだアクセス数が少なく、ページ数も少ない小規模なサイトではこの問題発見アプローチが有効である。アクセス数が増え、ページ数が増えてしまうと、分析する対象のデータが増えすぎて、問題発見アプローチの時間もコストも増えてしまうからである。アクセス数が少ない時期にこそ問題発見アプローチを積極的に取り組みたい。

アクセス解析

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アクセス解析・LPOの有効な活用方法」のコラム