自動車保険見直し 車両入替 - 保険選び - 専門家プロファイル

森 和彦
有限会社プリベント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自動車保険見直し 車両入替

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
損害保険

自動車保険見直し 車両入替




今まで使用していた自動車を廃車あるいは譲渡し、新車(または中古車)を新たに取得したような場合、自動車保険を継続的に有効とするためには、その旨を代理店や保険会社に通知する必要があります。

しかしお忙しい方が多い為か、通知を忘れてしまわれるケースが意外と多く存在します。

では、その通知を忘れたままで自動車事故を起こしてしまった場合、果たして自動車保険の保険金はちゃんと支払われるのでしょうか?

1 答え
答えとしましては残念な事に、通知義務違反で支払われない可能性があります。
あるいは、車両を入れ替えた事で本来であれば支払うべき保険料をお支払い頂いた後に、保険金をお支払いするなどの措置をとってもらえる場合もあります。
いずれにしましても、ただでさえ嫌な事故の応対をしなければならない上に、更に嫌な思いを強いられてしまう可能性があるのです。

2 そんな思いをしないためには
自動車を買い替えるなどの予定が決まったら早めに代理店あるいは保険会社に連絡をして下さい。
そして、車が入れ替わると同時に自動車保険の内容もちゃんと変更されるように、実際の自動車入替日以前に変更手続きを済ませておく方が安心です。

・お車を買い換えた場合に、自動車保険の対応で一番多いのが車両入替となります。

3 車両入替とは
自動車保険の被保険自動車を、新たに取得した自動車と入れ替える処理の事である。
※ 但し、新たに取得した自動車がいくつかの条件に該当している場合に限ります
その条件とは、
・入替後の自動車の所有者が、入替前の被保険自動車の所有者あるいは記名被保険者、記名被保険者の配偶者、記名被保険者またはその配偶者の同居の親族という場合
・入替後の自動車が、入替前の自動車と同一用途・車種区分に該当する場合
などとなります。

入替時には担当代理店に通知をお忘れずに。
90109

こちらをどうぞ↓
保険業界で頑張る社長のblog

ファイナンシャルプランナー 森 和彦