部屋づくりのポイント「動線」と「視線」 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

平原 光人
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

部屋づくりのポイント「動線」と「視線」

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家づくりのノウハウ
良い部屋づくりとはどういう部屋なのか。
一言で説明するのは難しいことですが、重要な要素と
して「動線」と「視線」があります。

動線のポイントは
「人がスムーズに動けるようなスペースを設けること」
「最短距離で目的の場所へ移動できること」
が挙げられます。

人が歩くスペースとして、一般的にはおよそ60cmは
必要です。これ以上狭いと窮屈に感じてしまい、家具など
にぶつかってしまうこともあります。
いすを引いたときは、およそ75cmのスペースを確保
することが必要です。

視線については、部屋を見渡せること。
家具などで窓をさえぎってしまったり、背の高い家具
ばかりだと狭く感じてしまいます。

椅子に座ったときでも、窓の先の風景が見えること
も大切です。低い家具を選ぶと、椅子に座ったとき
にでも窓から外の風景が見えるので、圧迫感を感じる
ことなく部屋を広く見せる事ができます。

部屋を広くすっきり見せる、ちょっとした工夫です。


一級建築士事務所 ナユタ
http://www.nayuta-co.com/

納得!暮らしの快適空間
http://www.kaiteki-kukan.net/