開業後の節税5-2 - 確定申告 - 専門家プロファイル

東京都
税理士
03-3639-1881
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

開業後の節税5-2

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 確定申告
医院開業
皆さんこんにちは。湯沢会計事務所の湯沢勝信でございます。
前回は税金を少なくするためには「定率法」を選択すべきだ、というお話しをしました。
本日は具体的な計算方法についてお話しいたします。

【定額法】=取得価格×定額法の償却率
【定率法】=未償却残高×定率法の償却率
 ※未償却残高とは取得価格から前年までに償却した額を差し引いた額をいいます

それでは次に具体的な例を用いて比較をしてみたいと思います。
例)耐用年数5年の電子カルテを500万円で取得した場合…

定額法の場合
償却率:0.200
一年目の減価償却額:1,000,000円(500万円×0.200)
二年目の減価償却額:1,000,000円(500万円×0.200)
三年目の減価償却額:1,000,000円(500万円×0.200)
【三年間の減価償却額の合計金額】 3000,000円

定率法の場合
償却率:0.5
一年目の減価償却額:2,500,000円(500万円×0.5)
二年目の減価償却額:1,250,000円((500万円―250万円)×0.5)
三年目の減価償却額:625,000円((500万円―250万円―125万)×0.5)
【三年間の減価償却額の合計金額】 4,375,000円

このように定額法と定率法の差額は1,375,000円。率にすると1.45倍。
定率法を選択した方が有利だという事がおわかり頂けたと思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)

病医院経営に必要なものは何か─医療専門の税理士にお尋ね下さい

私は医師や歯科医師の先生方が免許は1つでもそれぞれ専門をもっていらっしゃるのと同じ様に、税理士事務所の中でも医師、歯科医師、公益法人に特化した仕事をしています。先生方が必要としている事により応えられる事務所になるべく進化し続けてまいります。

03-3639-1881
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「医院開業」のコラム