バッハへの道 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

藤 拓弘
リーラムジカ 代表
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

バッハへの道

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
ピアノ教本について 子どもの導入教材
ピアノ教育において、バッハを代表するバロック音楽の勉強は必須ですよね。

ですが、いきなりバッハを勉強することは難易度の関係もあり、なかなか大変なことです。

今回ご紹介するE.Ch.ショルツ・編のバッハへの道は、そんな時に非常に有効な教材のひとつです。


バッハの前にぜひ取り入れたい教材


この教材は、「バッハを勉強するための前段階でポリフォニーを学ぶ」ことを目標にしていると思います。

いわば「ポリフォニーの入門書」ですね。

この教本を学ぶことで、バロックの巨匠、バッハの音楽の学習のかけはしとなります。


この教本は3巻で成り立っており、段階的に構成されています。


■1巻〜ポリフォニーの入門(童謡、民謡をポリフォニーに作り直した)

■2巻〜巨匠の小品を学習(「アンナ・マグダレーナのためのクラヴィーア小曲
     集」「ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハのためのクラヴィーア小曲集」より)

■3巻〜バッハと息子の小品とJ.Sバッハの作品を学ぶ(エマヌエル、フリーデマン、
     クリストフ、フリードリヒ、クリスチャン)


これらを段階的に学ぶことで、ポリフォニーの音楽を学ぶ礎を
強固にしようとする教本と言えるでしょう。


また、ショルツは「全て学ぶためには3〜4年かかる」「ピアノ学習2年目から
開始してよい」「本書を終えたら『インヴェンション』『フランス組曲』へ
進むがよい」と記しています。


本格的にピアノ学習を目指す生徒さんには最適


ある程度ピアノ学習が進んで、これから本格的にピアノの道へ進みたいとする
ピアノ学習者には非常に有効な教本ですね。


これらポリフォニーの基本的な知識、テクニックなしで、いきなりバッハの曲を
弾くとなると、かなりの労力と忍耐力が必要になるでしょう。

バッハはそれだけ深遠で、入り組んだ音楽を書き残していますから、それらを
上手に勉強するためにも、この教材は非常に活用できるものと思います。


ポリフォニーのエッセンスが満載


収められている曲は、「右手の旋律から始めて、左手がそれを追いかける」
という、カノンやコラールの曲で占められています。


また、各曲にはタイトルが付けられており、練習するときのストレスを軽減させるこ
とに貢献しています。また、イメージもこれによって湧くでしょう。


私はこの教材を生徒さんの、「初見の練習」にも使用しています。


2つの旋律を同時に追いかけるためには、素早い目の動きと、良い耳が必要です。
これらを初見で行う訓練を積むことで、非常によい勉強になります。


最初はかなり苦労するかもしれません。しかし、やり方を丁寧に指導し、
励まし、やり遂げることを褒めることで、達成感を味わせたいものです。



ピアノ教則本・教材選びが楽しくなる「1冊3分で分かる!ピアノ教本マガジン」にて執筆中です。ぜひご覧下さい。


また、教室運営コンサルティングに関してはこちらからご覧下さい。