マネジメントの基本からはずれたGM - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

前田 紳詞
代表取締役
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

マネジメントの基本からはずれたGM

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
ファイナンシャルプランナーが教えるシリーズ 投資のマネジメント
株式投資の投資企業を選ぶ際に

どういう基準で会社を選んでいるでしょうか?



企業の業績や財務内容といったファンダメンタル分析や

株価の変動とかのテクニカル分析というのが一般的です。

ちなみに皆さんが投資をする会社は何をしていますか?

会社とは経営=マネジメントをするところ

です。

長期の株式投資をする上では正しい経営(マネジメント)をしている会社を選ぶことが最重要になります。

しかし、正しい経営(マネジメント)というのは分かりません。

なぜなら景気変動とかの外部要因などいろいろな要素があるからです。

私たちが分かることができるのは

間違った経営(マネジメント)


をしている会社を選ばないことです。

かつてもっとも優れた経営をしていたGMが潰れました。



世界的経営学者P.F.ドラッカーは、GMがもっとも優れていた時代に会社内部に入って経営を研究しました。

企業成功の調査内容は「企業とは何か」にまとめられ、”事業部制の採用”など多くの企業の模範となりました。

しかし、この内容はGM関係者からは”禁書”扱いとされました。

マネジメントの基本はまとめられ、多くの会社で発展の基礎とされています。

しかし当のGMが基本を忘れ長い時間をかけて滅んでいきました。

ドラッカーも述べていますが、理屈ではなく最後は

存在する人々の意志が未来を決めます。



人類の歴史では常に同じことが繰り返されています。

今、起きている金融・経済危機も昔から同じようなことが繰り返されて起きています。

どれだけ科学や技術、理論が進んでも人の心や考えは簡単に変わりません。


常日頃から自戒の念を持って、学び実践し続けることが人には大切です。


*ドラッカーの考えを学ぶ内容がNHK教育TVで始まります。
6月4回シリーズです。

勝間和代さんがユニクロの柳井社長に「ドラッカー流経営」について聴きます。
是非、ご覧ください。

番組はこちら
「NHK 知る楽 仕事学のすすめ 〜わがドラッカー流経営論〜」
http://www.nhk.or.jp/shiruraku/thu/index.html

です。