「環境医」によるビジネスコーチング(2) - 心の不安・性格改善全般 - 専門家プロファイル

東京都
医師
03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「環境医」によるビジネスコーチング(2)

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 心の不安・性格改善全般
(続き)・・つまり家庭や職場(合わせて「組織」)と「個人」とは、互いに補完関係にあり、Win-Winの関係性にあるはずです。ということは、社会全体の繁栄や幸福を考える時には、個人と組織、両者のバランスのよい繁栄や幸福を考える必要があります。

 これまでは、そのバランスが必ずしも充分取れているとは言い難い状況でした。古い時代には、多くの個人の犠牲の上に、全体の「組織」の繁栄がもたらされた時代が長く続きました。王政や封建時代はその典型です。

 近代以降は「個人」が脚光を浴びる時代となりました。医学は個人的な生活や感染症、腫瘍などに注目し、それを懸命に治療しました。その結果、個々の病気の治療技術は進歩し、病気になっても長生きすることが可能となりました。

 しかし一方では、「環境」といった人間を取り巻く外部要因への対応は遅れました。その結果、公害問題やシックハウス、職場でのうつ病の増加、過労死や過労自殺の急増といった社会問題が続出しています。

 近代では、個人の成功に関しても追求されました。成功哲学やコーチングなどによって、個人的な幸せや願望、生きがいといった要素が研究され、そのためのスキルや考え方が普及しました。それによって、一部の成功者は、確かに幸せになりました。

 その一方で、組織はどんどん巨大化・複雑化し、個人の力ではどうしようもなくなってきました。また組織そのものが自己目的化し、個人の働く意欲や自己存在感をしばしば蝕んでいます。その結果、組織の不祥事の増加や自己崩壊、社会的信用の失墜などにつながっています。

 近代以降のそういった病的な要素は、一言でいうと「環境病」「組織病」ということができます。つまり個人的な要素よりもむしろ、全体的、包括的、時代的な要素が強いのです。このような状況を根本的に解決するには、臨床医学やパーソナルコーチングといった、個人的な対応だけでは済みません。

 全体的、包括的、時代的な「病理」を根本から解決するために、新たに要求されている考え方・手法は何か?その解答のヒントになると考えられるのが「建築医学」と「ビジネスコーチング」なのです・・(続く)
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 医師)

あなたの自然治癒力を引き出し心身の健康づくりをサポートします

病気を治したり予防するにあたり、いちばん大切なのは、ご本人の自然治癒力です。メンタルヘルスを軸に、食生活の改善、体温の維持・細胞活性化などのアプローチを複合的に組み合わせて自然治癒力を向上させ、心と身体の両方の健康状態を回復へと導きます。

03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。