火災保険 見直し - 保険選び - 専門家プロファイル

森 和彦
有限会社プリベント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)
堀池 泰
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

火災保険 見直し

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
損害保険

火災保険 見直し



昨日は地震保険の対象となるものについて紹介しました。

今日は、地震保険で保険金が支払われる場合について紹介致します。

地震によって火災 損壊 埋没またや流失による損害を受け、保険の目的が「全損」や「半損」、「一部損」の損害を被った場合に保険金が支払われます。

ポイントは支払い方法が「全損」 「半損」 「一部損」の3パターンしかないことです。

ではいくら支払われるか?

保険の目的・・・建物
損害の程度・・・全損 
保険金・・・100%
状態・・・保険価格の50%以上の損害や床面積の70%以上の焼失・流失

保険の目的・・・建物
損害の程度・・・半損 
保険金・・・50%
状態・・・保険価格の20%以上50%未満の損害や床面積の20%以上70%の焼失・流失

保険の目的・・・建物
損害の程度・・・一部損 
保険金・・・5%
状態・・・保険価格の3%以上20%未満の損害

保険の目的・・・家財
損害の程度・・・全損 
保険金・・・100%
状態・・・保険価格の80%以上の損害

保険の目的・・・家財
損害の程度・・・半損 
保険金・・・50%
状態・・・保険価格の30%以上80%未満の損害

保険の目的・・・家財
損害の程度・・・一部損 
保険金・・・5%
状態・・・保険価格の10%以上30%未満の損害


地震保険は一部政府が引き受けていますので、非常に公共性の高い保険です。
従って支払いは柔軟です。
次回の継続時には担当代理店に相談して地震保険を検討してみましょう。
90227

こちらをどうぞ↓
保険業界で頑張る社長のblog

ファイナンシャルプランナー 森 和彦