開業後の節税4-3 - 確定申告 - 専門家プロファイル

東京都
税理士
03-3639-1881
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

開業後の節税4-3

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 確定申告
医院開業
皆さんこんにちは。湯沢会計事務所の湯沢勝信でございます。
本日は医院併用住宅のお話しの続きで、減価償却費と固定資産税についてお話しします。

【医院併用住宅の減価償却費、固定資産税等】
建物と設備で言えば、付属設備を大きくした方が減価償却の期間の問題、減価償却控除の問題両方の面から有利となります。
更に住宅部分よりも医院部分が大きい方が有利です。
ただし住宅部分において住宅取得控除を受ける場合には、医院併用住宅全体の面積の1/2以上が住居でなくてはいけない、という規定があるので注意が必要です。

医院併用住宅の減価償却費、固定資産税等につきましては、原則として建築の段階で業者さんに業務用と居住用を区分して領収書をもらい事業部分を経費として計上するのが理想です。
それが出来ていない場合は水道光熱費と同じように面積按分する事も出来ます。

以上で事業用経費とプライベートの経費を区分して節税をしましょう、というお話しを終わりにします。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)

病医院経営に必要なものは何か─医療専門の税理士にお尋ね下さい

私は医師や歯科医師の先生方が免許は1つでもそれぞれ専門をもっていらっしゃるのと同じ様に、税理士事務所の中でも医師、歯科医師、公益法人に特化した仕事をしています。先生方が必要としている事により応えられる事務所になるべく進化し続けてまいります。

03-3639-1881
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「医院開業」のコラム