アクティブセーフティーとパッシブセーフティー - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アクティブセーフティーとパッシブセーフティー

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
ライフスタイル論
皆さんは以下の言葉を聞くとクルマの安全性を想像されると思いますが、住宅にも当てはまる部分があります。

アクティブセーフティー(能動的安全性)

パッシブセーフティー (受動的安全性)


住宅の安全面は
外部からの安全性  防犯住宅
建物自身の安全性  耐震住宅
住まい手の安全性  バリアフリー住宅

空き巣被害に遭ったり、大震災を体験したり、ケガや障害をもつことになったりしないと、この3つの安全性を意識される方は少ないと思います。

「なってから」「遭ってから」の受身でなく「ならないように」「遭っても大丈夫なように」の能動的な考え方で住宅を見つめなおしてはいかがでしょうか。

いよいよ団塊の世代の方々が定年を迎えられ、第二の人生をご自宅で過ごさせる方も多いかと思います。

関連コラム
http://profile.ne.jp/ask/column_detail.php/8660

皆さんもパッシブな人生を送りましょう(^^)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフスタイル論」のコラム

介護福祉建築家のツール(2012/09/02 02:09)

今年の社会福祉士活動(2011/01/22 18:01)

増える独居障害者(2009/07/09 20:07)