新型インフルエンザ対応支援で感じること - 販促・プロモーション戦略 - 専門家プロファイル

山内 真一
テットコム 代表
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
福田 幸治
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

新型インフルエンザ対応支援で感じること

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション戦略
こんにちは。山内です。

新型インフルエンザのニュースが毎日流れています。

僕の仕事においては、面会に関する制限などが日々変化しており、主にホームページ使った医療機関の対応に関するコミュニケーション活動のお手伝いにおわれています。
一方で、新型インフルエンザの影響で出張が中止になったりしています。

医療の業務からみてみますと、以前でしたら、電話での対応が主流になるのでしょうけれども、今は、患者様のほうでホームページを確認してくれているのですね。
円滑な対応をするために必須の業務のようです。
ホームページが市民の皆様に活用されていることを実感します。

ホームページを使った業務は、チラシやパンフレットがネット上で見られるという感覚でなく「医療機関と患者様・ご家族とのコミュニケーションツール」と火難が得た方が良さそうです。
もはや、ネットは特殊なものではなく、電話やFAXと同じコミュニケーションツールなのですね。
最近はブログなど、誰もが更新できる仕組みもあります。業者さんと保守契約を結んでおいてもいいでしょう。

よりよい医療活動のためにも、時代にあったよりよいコミュニケーション力をもつことも大切ではないかと思うのですが、いかがでしょうか。