コンテナで暮らすという発想 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

増井 真也
建築部門代表
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

コンテナで暮らすという発想

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
コストダウンの秘訣
今は昔のお話です。
ますいいリビングカンパニーではコンテナを改装して住もう、という実験住宅を作りました。
其処には二人のスタッフが住みました。自分達で間仕切りを作り、床板を張って、壁を張って、塗装も自分達で行いました。もともとあった物置の上に作ったので、2階にあがるためのデッキも作りました。もちろん全部自分達の力で作り上げました。当社のスタッフですから、皆設計はできます。でも職人さんではありません。とんかちで指をたたきながら何とか作り上げました。
一人は3ヶ月で近くのマンションに引っ越しました。
もう一人は3年半そのコンテナに住み続けました。
もちろん家賃はかかりません。光熱費もかかりません。

人が暮らす、ということにはさまざまな可能性があります。一般的な答えは皆さんが知っている通りです。でも、それ以外の答えもある、可能性がある、これも知っておいてほしいところです。

彼が出て行ったあと、この小屋は当社の物置として利用されています。3年後、彼は私の義理の弟になりました。これも何かの縁だったのかもしれません。この小屋はこれからもずーーとここにあり続けるでしょう。

ますいいリビングカンパニー
http://www.masuii.co.jp/index