60畳の無柱・無壁のオープンな空間を提案 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

安藤 美樹
有限会社安藤美樹建築事務所  取締役
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

60畳の無柱・無壁のオープンな空間を提案

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
快適な家を建てたい!!実績紹介
二世帯住宅です。

1階に親世帯(父1名)・2階〜3階が子世帯(夫婦+子4名)です。鉄筋コンクリート造で、柱と梁で造るラーメン構造を採用する事で、60畳の無柱・無壁のオープン空間を提案。

将来の間取の変更などのリニューアルが楽に行えるようにしました。-東京都ya様邸 鉄筋コンクリート3階建ての実例紹介です。-

   躯体がコンクリートならば、

部屋間の壁はコンクリートでない乾式壁で作っておけば、

その壁は耐震上関係ないので、壊す事が出来るのです。

   10年後、20年後、家族の生活のあり方の変動で、

間取りも替えたいというご希望に応えました。

   出来るだけオープンな空間であることは、こういうご要望のある場合には便利です。


 上記の項目を御提案するには、幾つかの技術的根拠や御提案があります。これが、建物が建った後、快適に過ごせる大きな理由になります。

  <重たい鉄筋コンクリート造の建物で、軟弱地盤でも、安心して暮らせる提案が出来ました>

    地盤が軟弱地盤です。35mの深さまで、弱い地盤が続きます。

    液状化の恐れのあるところで、建築主さんは、長年不同沈下に苦しまれていました。→

    どの構造を選択しても、地盤が弱いため、地盤対策は必要です。

    深い硬い地盤(35m)まで、杭を打つ事を提案し、それを実行しました。

    最も重たい鉄筋コンクリート造でも、沈下の心配は全くなく、液状化対策も万全です。

    地震に対して、すっかり安心して住まわれています。


  <エレベータ大活躍で、2世帯同士の暮らしが快適>  

   1階が親世帯で、2-3階は子世帯で、それぞれ玄関別を持つ独立形2世帯です。

    ただ、お父様一人なので、食事は子世帯と一緒という事でした。→

    それで、建物の中で1k所だけ扉を作り、エレベータで3階のリビングに行ける様にしました。

    住まわれてからお父様の感想がエレベータを付けて本当によかったと言っていました。

 

  <鉄筋コンクリート造の利点である屋上フル活用で暮らしが快適>

    屋上を家族皆が利用しています。    

    エレベータで、屋上まで行くことが出来ます。

    庭として、洗濯干しなどのユーテリティースペースとして、お子さんの遊び場として、

    色々なことに利用されています。


建築データ



鉄筋コンクリート造3階建 杭基礎
用途地域 準工業地域
延床面積 83坪
家族構成 2世帯住宅 親世帯+子世帯
プラン概要 1階  子世帯の玄関・玄関ホール・納戸
親世帯 玄関・LDK・寝室・バスルーム
洗面脱衣・WC
2階 子世帯 子供室・納戸・WC
3階 子世帯 LDK・寝室・バスルーム
洗面脱衣・WC
環境 閑静な住宅街
特徴 2世帯住宅 屋上 EV有


********************************



有)安藤建築事務所 一級建築士事務所 
安藤美樹 川原由也 
メール:nk5m-andu@asahi-net.or.jp 東京都豊島区南池袋2-35-10 tel03-3985-3638 
本気で家を建てる人のためのホームページhttp://www.mmjp.or.jp/honki   ただ今、訪問者125万人突破!!応援ありがとうございます。

********************************