構成員課税(パススルー課税)とは何か/LLPQ&Aより - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

NICECHOICE 佐藤税理士事務所 
東京都
税理士
03-5942-8818
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

構成員課税(パススルー課税)とは何か/LLPQ&Aより

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
LLP(有限責任事業組合)の概要

経済産業省より公表されているLLPに関する40の質問と40の答えを参考にして、LLPに関する情報を紹介します。

問4.構成員課税とは何か。

 

答え


1.構成員課税とは、組織段階では課税せず、出資者に直接課税する仕組みです。

2.構成員課税の効果としては、LLPの事業で利益が出たときには、LLP段階で法人課税は課されず、出資者への利益分配に直接課税されることになります。

3.また、LLPの事業で損失が出たときには、出資の価額を基礎として定められる一定額の範囲内で、出資者の他の所得と損益通算することができます。

解説



LLPのメリットは3つあると言われています。1つは有限責任、2つ目は内部自治の徹底、3つ目が構成員課税です。

この3つのメリットのうち、一番大きいと個人的に思っているのがこの構成員課税になります。

法人を作って事業を行った場合には、株主には法人税が課税されたあとの儲けが配当されます。そして配当には所得税が課税されることになります。(個人株主の場合、配当控除は無視しています)

一方LLPに出資して事業を行った場合には、LLPには法人税が課税されないため、法人税を課税される前の金額が、LLPの組合員に分配されます。そして個人の組合員において所得税が課税されることになります。

法人の場合には、法人において法人税が、個人において所得税が課税されます。

LLPの場合には、LLPにおいて法人税が課税されず、個人において所得税しか課税されません。

つまり、同じ儲けであったとしても個人の組合員の手元に残る金額が変わってくることになります。

また、LLPに損失が出た場合にも、LLPの損失を個人の組合員が取り込むことができ、他の所得と相殺が可能となります。

 

佐藤税理士事務所からのお知らせです。

無料レポート完成しました。

すでに累計で1,000部以上配布した実績のある佐藤税理士事務所の無料レポートの平成22年版が完成しました。

住宅の税制について、よく聞かれる相談項目を5つにまとめてQ&A方式で解説をしています。

無料レポートのご請求は「マイホームの税金」のHP上よりお申し込み下さい。

無料レポート5つの相談事例から学ぶマイホームの税金

 

住宅の税金のことなら、マイホームの税金

中野区の税理士 佐藤税理士事務所

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
NICECHOICE 佐藤税理士事務所 

住宅の資金計画からローン選択、確定申告まで、トータルサポート

税理士としては珍しく異業種での起業経験のある税理士です。自身の起業経験に基づいた、企業の成長過程に応じた柔軟なサービスを提供しております。また、マンション購入の経験を元に、住宅購入者向けに税金相談、確定申告の代行サービスも行っております。

03-5942-8818
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「LLP(有限責任事業組合)の概要」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 LLP設立のメリット・デメリット相談会

起業するにあたってLLPがいいのか法人がいいのかの悩みを解決する相談会です。

料金
5,000円

これからの起業は、法人を作る方がいいのかLLPを作る方がいいのかよーく検討をした上で判断をする必要があります。自分たちの行う事業スタイルや目的に応じて、法人とLLPのどちらが適しているのか、過去4年間LLPを設立したい起業家の相談に対応した経験や自身のLLP運営の経験からアドバイスします。

LLP設立のメリット・デメリット相談会

このコラムに類似したコラム

申告様式が煩雑 高橋 昌也 - 税理士(2010/12/16 09:17)

課税庁が会計帳簿をしっかりとみる理由 高橋 昌也 - 税理士(2013/09/17 07:00)

売上と税金について 高橋 昌也 - 税理士(2013/09/04 07:00)

事業と身体観 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/19 07:00)

社長さんの好み次第! 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/17 07:00)