住宅ローン減税フル活用 - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

寿FPコンサルティング株式会社 代表取締役
神奈川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)
寺岡 孝
(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン減税フル活用

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
住宅取得 税額控除・住宅ローン控除
住宅ローン減税で500万円得をする、
という情報が流れておりますが、
早とちりはいけません。

最大限得をするには条件があるのです。

まず、住宅ローンの残高が5000万円以上あること、

次に、所得税が50万円以上徴収されていること
(実際は住民税も一部含まれる)。  

住宅ローンが5000万円以上ということは、
年収からすると800〜1000万円の所得がないと、
返済が厳しいと考えられます。

さらに、減税の10年目にも住宅ローン残高が5000万円ないといけませんので、
当初の借入金は6000万円近くないといけないことになります。

日本人の平均年収を450万円とすると、
実に年収の10〜15倍の借入金額。

そんな金額は到底返せません。
また、銀行もそんな住宅ローンは貸しません。  

ということは、家を買うと、
国が国民に対して、
500万円値引きしてくれるわけではないのです。

恩恵を浴びるには、
高収入であることが必要なのです、
がっかりですね。  

情報の独り歩きは怖いですね、
くれぐれも、住宅販売会社に文句を言わないようにしましょう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / ファイナンシャルプランナー)
寿FPコンサルティング株式会社 代表取締役

FP王子がズバっと解決!

日本では数少ない総合型FPとしてセミナーや個別のご相談を承っております。累計のセミナー受講者数約5000名、年間相談件数200件超、暮らしとお金のことから経営相談など多岐にわたるコンサルティング業務を展開