小沢氏、民主党代表を辞任 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

ABC税理士法人 税理士
東京都
税理士
03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

小沢氏、民主党代表を辞任

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
政治の話
昨日11日、小沢民主党代表が代表を辞任しました。
都議選、衆院選の想定される日程を考えれば、間に合った、と思いますが、
党内に燻る辞任要求や、西松建設不正献金疑惑に対する説明責任を求められ、
政権交代を担うべき次期総理の座を投げ出したといわれても仕方あるまい。

続投宣言した西松疑惑への釈明会見のタイミングでの辞任ということであれば、
投げ出したと言われる筋合いはなかったはずである。

しかし、自民党が安倍、福田と二代続いて総理を投げ出している状況で、
説明責任を果たさないまま辞任するとなれば、結局民主党も同じ批判を
浴びることになる。
このままの状況で、もし起訴されている元秘書の大久保氏の有罪が確定すれば、
小沢氏の政治生命が絶たれることになりかねない。

小沢氏の辞任会見の際、読み上げたメモは民主党HPよりダウンロードできる。
以下でその全文を紹介したい。



挙党一致をより強固にするために
衆議院議員 小沢一郎

 来る衆議院総選挙での必勝と、政権交代の実現に向け、挙党一致の態勢を
より強固にするために、あえてこの身を擲(なげう)ち、民主党代表の職を
辞することを決意致しました。
 国民の皆様、支持者の皆様にご心配をおかけして参りましたことをお詫び
申し上げるとともに、特に、この3年間、至らぬ私を支えて下さいました
同僚議員の方々、党員・サポーターの皆様に、心より御礼を申し上げます。
 もとより、今度の総選挙は、国民自身が政権を選択して、自らこの国と
国民生活を救う、又とない機会であります。
民主党にとっては、悲願の政権交代を実現する最大のチャンスであります。
 民主党を中心とする新しい政権をつくり、「国民の生活が第一。」の政治を
実現して、日本の経済、社会を根本から立て直すこと。
そして、政権交代によって、日本に議会制民主主義を定着させること。
その2つが、民主党に課せられた歴史的使命であり、私自身の政治家
としての最終目標にほかなりません。
 日本のために、また国民にとって、民主党にとって、そして私自身に
とっても、何が何でも、ここで勝たなければならないのであります。
 それを達成するためには、党内の結束・団結が絶対不可欠の条件であります。
党内が乱れていたのでは、総選挙に勝利することはできません。
逆に、挙党一致で臨みさえすれば、必ず勝利することができると確信しております。
 私が代表の職にとどまることにより、挙党一致の態勢を強固にする上で
少しでも差し障りがあるとするならば、それは決して私の本意ではありません。
政権交代という大目標を達成するために、自ら身を引くことで、民主党の
団結を強め、挙党一致をより強固なものにしたいと判断した次第であります。
 正に、身を捨て、必ず勝利する。私の覚悟、私の決断は、その一点にあります。
 連休中、熟慮を重ねて、その結論に達し、決断した以上、党内の混乱を
回避するためにも、直ちに連休明けの本日、辞意を表明することに致しました。
ただし、国民生活への影響を最小限に抑えるために、平成21年度補正予算案
の衆議院での審議が終わるのを待ったうえで、速やかに代表選挙を実施
していただきたいと思います。
 重ねて申し上げます。新代表の下で挙党態勢を確立して総選挙に臨む
ことが、何よりも重要であります。
もちろん、私もその挙党態勢の一員として新代表を支え、総選挙必勝の
ために最前線で戦い続けたいと思います。
 国民の皆様、引き続き民主党をご支持下さいますよう、心よりお願い申し上げます。



これを読むと、小沢氏は、政権交代を実現するために自分が代表の座に
留まっていては、挙党体制が作れないので、降りますとしか言っていない。
ナゼ辞任せざるを得ないのか、責任を取るためではなく、選挙に勝つため。
これでは、福田さんと変わらないですよね。

もともと多くを語りたがらないために誤解されてきたタイプの政治家だけに、
辞任に当たって、追求が厳しくて逃げ出した、と誤解されることがないよう、
キチンと説明して頂きたかった。

未曾有の経済不況の中、小沢氏の政治手腕が必要とされる場面が近々に
あると思われるだけに、実に残念である。

民主党としては、財界からも要求されている通り、政策本位の政治が
実現できる体制を一刻も早く立て直して、国会審議に臨む必要があろう。

補正予算審議中の代表投げ出しによる政治空白の被害者は、我々国民です。
タイミング的には、安倍、福田両氏よりもかなり悪いといわざるを得ない。
国民に迷惑をかける最悪のタイミングといっても良いかもしれない。

そういう意味では、代表不在でも補正予算審議に応じるくらいの覚悟で、
ただそれでも自民党の言いなりに押し切られるのではなく、
政策本位に国会で論戦を張りつつ、新代表を速やかに決めなければなるまい。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
ABC税理士法人 税理士

企業の税務対策、自計化サポート!「下町の頼れる税理士」です

刻々と変わる経済情勢や法律に対応しながら、体系的な法律知識を持って、企業様の税に関する不安を解消し、安心できる節税対策を行います。お客様と直接お会いし面談しながら、企業内での自計化など、適切な会計処理を含めた税務指導を行っています。

03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「政治の話」のコラム