メンター経営とIT活用 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

坂田 岳史
有限会社ダイコンサルティング 代表取締役 IT経営コンサルタント
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
岡本 興一
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

メンター経営とIT活用

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
ITコンサル日記
こんにちは、ITコンサルタントの坂田です。
今日は、メンター経営を行っている会社のIT活用についてお話します。
尚、このコラムは私が発行しているメルマガ「さかやんのコンサル日記」から抜粋してお送りしています。
http://archive.mag2.com/0000116110/index.html
---------------------------------------------------------------------------------
私はサッカー観戦が好きで、地元京都の京都サンガを応援しています。先日、選手がゴールを決めたら選手や監督が抱き合って喜んでいました。スポーツの世界では、選手と監督が抱き合って喜ぶシーンはよくあることですね。

一方、一般の企業で社長と社員、或いは社員同士がが抱き合って喜ぶことってあるでしょうか?
私は、あまり見たことがありません。逆に、工場と営業は仲が悪い!なんてことはよく聞きます。
サッカーの場合、優勝やJ1昇格など明確な目標があり、目標目指してチーム一丸となっています。試合の最中でも、誰かがミスしたら必ず他のメンバーがフォローします。試合中に味方の足を引っ張るような行為はありません。しかし、企業ではこのような状況を作るのは、なかなか難しいようです。

実は、現在メンター経営を目指しているある企業のITコンサルをしています。
この企業が標榜するメンター経営とは、お互いに支援し合える環境を作るということです。誰かが困っていたり、失敗した時は、必ず回りの人、或いは違う組織がフォローして支援するのです。

昔、小学校の算数の時間に、先生に当てられて答えられなかった時に友達が、「がんばれ!」って声かけてくれたことがあります。メンター経営とは、このように他者を支援することにより、自分も成長する、その結果、組織の目標も達成できるという理念です。

この話を聞いた時、素晴らしい理念だが本当にできるのかな?と思いました。しかし、サッカーではこのようなことができていると思います。ですので、一般の企業などでもきるはずです。
また、メンター経営を実現するためには、自分のことや自分の環境を知ってもらう必要があります。そうしないと、他者は何を支援していいか分かりませんから。実は、この部分にITを活用しようというのです。
どのようなITを活用しているかお話できませんが、すでにシステムが稼働しており社内コミュニケーションや支援し合う環境ができつつあります。

今日の一言
「他者支援が、自身を成長させる」


***********************


有限会社ダイコンサルティング
中小企業診断士
ITコーディネータ・ITCインストラクタ
坂田岳史(近畿経済産業局認定 ベストITサポータ)
sakayan@daiconn.co.jp
http://www.daiconn.co.jp
------------------------------------
私の理念
「一期一会」その瞬間を大切にします。

***********************