新型ウイルスに対する本質的な取り組みとは?(1) - 心の不安・性格改善全般 - 専門家プロファイル

東京都
医師
03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

斉藤ヒカル
斉藤ヒカル
(潜在意識セラピスト)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

新型ウイルスに対する本質的な取り組みとは?(1)

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 心の不安・性格改善全般
「新型インフルエンザ(H1N1)」が世界的な流行になりつつあります。日本人の感染者もチラホラ現われてきました。「豚由来」ということもあり、感染力や毒性は比較的穏やかな様ですが、新型ウイルスは突如として感染力や毒性を強めて大化けすることがあり、警戒が必要です。

巷では手術で使用するような本格的なマスクが飛ぶように売れ、空港では何時間もかけて機内の厳重な「検疫」が行なわれるなど、日増しに物々しくなってきました。何とかこの未曾有の新型ウイルスを「水ぎわ」で阻止しようと、個人も国も必死です。

毎年暮れに配布され、病院などで注射されるインフルエンザ・ワクチンは効果がないのかというと、一般的なワクチンは残念ながら効果が期待できません。正確にいうと、あと半年くらいすれば有効なワクチンが作られる可能性はありますが・・

インフルエンザ・ワクチンというのは、昨年から今年前半にかけて流行したインフルエンザ・ウイルス株をもとに作成されます。従って、昨シーズン流行ったウイルスに対しては効果が期待されますが、数年〜十数年に一度流行するとされる「新型ウイルス」や「鳥インフルエンザ」に対しては効果が期待できません。それはウイルス表面の「抗原」というタンパク質が、大きく変貌してしまうからです。

ニュースなどでお馴染みとなった「H1N1」という用語は、この細胞表面の抗原の型を表したものです。新型ウイルスは「Aソ連型」と同じタイプですが、毎年のように流行する「A香港型」とは明らかに異なります。「A香港型」向けのワクチンを注射しても無効なのです。

それでは「新型インフルエンザ」が本格的に日本で流行した場合、私たちはどうすれば感染を防ぐことが出来るのでしょうか?「タミフル」や「リレンザ」を飲めば何とかなる・・と考えてはいけません。これらの薬は、若年者を中心に深刻な副作用が報告されているし、時間とともに「耐性」が生じるのは宿命的ですので、結局は当てになりません。

従って新型ウイルスに対して、我々は本質的に、もっと別な取り組みをしなければならないのです。これは新型でなくとも、通常のインフルエンザでもいえることですし、一般の風邪、あるいは細菌やウイルスなどの感染症全般(肺炎や腸炎、肝炎など)にも通ずる話です。

その或る「取り組み」に関しては次回以降、順を追ってお話いたします・・(続く)
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 医師)

あなたの自然治癒力を引き出し心身の健康づくりをサポートします

病気を治したり予防するにあたり、いちばん大切なのは、ご本人の自然治癒力です。メンタルヘルスを軸に、食生活の改善、体温の維持・細胞活性化などのアプローチを複合的に組み合わせて自然治癒力を向上させ、心と身体の両方の健康状態を回復へと導きます。

03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。