「ストレステスト」は想定内、でもストレスは!? - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「ストレステスト」は想定内、でもストレスは!?

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
よもやまブログ
こんにちは!

今日は、東京では雨も上がり、初夏を思わせる暖かな陽気となっていますね。


アメリカでは、大手金融機関19社の健全性を審査する、いわゆる“ストレステスト”の結果が発表されました。

バンク・オブ・アメリカが最も資本不足の恐れがあるとして、339億ドルの資本増強が必要とされました。
ただ、19社のうち、9社は「資本増強の必要なし」とされたこともあり、市場では“想定内”の結果と判断され、NYダウも堅調な動きとなりました。

しかし、今後資産査定の“条件設定”通りに推移していくかは、当然のことながらわからないため、まだまだ予断の許さない状況であることに変わりはありません。

まずは、今後の推移を、継続して見守っていきましょう。


さて、一方日本では、8日財務省が2009年3月末の「国の借金」の総額を発表しました。

846兆4970億円で、昨年より2兆7426億円減少しました。

内訳は、国債が約680兆円、借入金約58兆円、政府短期証券108兆円となっています。

財政投融資の償還があったため、残高は減少しましたが、国債の残高は一向に減る気配はありません。

さらに今年は、15兆円を超す財政出動も計画されているため、残高は“確実”に増加していくことになりそうです。

国民一人当たり663万円の借金。


皆さん、どうやって返しましょうか!?

「・・・・・・」

頭の痛い問題です。。。


まずは、“ストレス”を溜めずに、“お金”を貯められるよう、頑張るしかないようです(爆)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム