衆議院選挙ホームページ:東京都第11区 - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

衆議院選挙ホームページ:東京都第11区

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
選挙とホームページ作成について 選挙ホームページ診断
環の小坂です。

今回はお隣板橋区。東京都第11区です。
まず、過去4回の選挙結果のおさらいです。


◎小選挙区当選、○比例代表復活当選、×落選

第44回衆議院議員総選挙(2005年=郵政選挙)
◎下村博文 148,099票 自由民主党 前職
×渡辺浩一郎 85,832票 民主党 元職
×徳留道信 35,233票 日本共産党 新人

第43回衆議院議員総選挙(2003年=民主党・自由党合併後初の選挙)
◎下村博文 113,477票 自由民主党 前職
×渡辺浩一郎 87,331票 民主党 元職
×徳留道信 30,998票 日本共産党 新人

第42回衆議院議員総選挙(2000年=神の国解散選挙)
◎下村博文 90,483票 自由民主党 前職
×渋谷修    65,109票 民主党 前職
×中島武敏 54,698票 日本共産党 前職
×古山和宏 29,307票 自由党 新人

第41回衆議院議員総選挙(1996年=初の小選挙区選挙)
◎下村博文 68,321票 自由民主党 新人
×古山和宏   61,221票 新進党 新人
○中島武敏 54,559票 日本共産党 前職
×渋谷修    38,454票 民主党 元職
×西川進 4,470票 新社会党 新人


自民党の下村氏が4連勝しています。
選挙の度に票を増やしていて、自民党優勢な選挙区の一つです。
野党の選挙協力が過去うまくいっていなかった選挙区で、
比較的共産党が健闘している選挙区でもあります。

次回選挙も自民は下村氏の公認が決まっていますが、
民主党は公認候補を立てず、新党日本のジャーナリスト・有田芳生氏を
推薦することになっています。
この有田氏は当初は東京都第10区で立候補する予定で、
私の家の近くにもポスターが貼られていた時期がありましたが、
民主党が本部肝いりの江端氏を擁立することもあり、
選挙協力で11区になったようです。
日本共産党は引き続き徳留氏が立候補するようです。

というわけで衆議院選挙HP診断第3弾は東京都第11区です。

>
次回総選挙での立候補予定者
公示前なので確実ではないですが、下記の方々予想されています。
・下村博文(自由民主党:現職)http://www.hakubun.jp/
・有田芳生(新党日本:新人)http://www.web-arita.com/
・徳留道信 (日本共産党:新人)http://www.h6.dion.ne.jp/~tokutome/

下村氏4連勝の選挙区ですが、新党日本の候補ということで、注目です。。

*診断項目
「ウェブ標準的・SEO的・ユーザビリティ的に・コンテンツ的」の4つで今まで診断していましたが、
衆議院の場合、SEOは重要でなくなってくるので、それを外し、「わかりやすさ」を加えます。
ウェブ標準的・ユーザビリティ的に・コンテンツ的・わかりやすさ」
の4点で行います。

全て5点満点(合計で20点満点)

*下村博文氏:6点
・ウェブ標準:2点
 最近あまりみなくなったeuc-jpですが、それは特に問題ないです。
 ただ、画像を多用し、テーブルレイアウトを使用している部分も多く
 基準としてはあまりよろしくありません。
 また、コンテンツを背景として設定しているように見える部分が何箇所かありますが、
 これも正しいのかな?
 ALTも適切ではないです。

・ユーザビリティ:1点
 あまりよろしくないです。
 画像を多用していることもありますが、使いにくく、
 ナビゲーションもわかりにくく、階層が見えにくいです。
 また意味不明の別ウィンドウ表示もあります。

・わかりやすさ:1点
 ユーザビリティとも関係しますが、どこを見て欲しいのか不明確。
 見ていてかなりストレスを感じるページです。
 このサイトは誰がどんなポリシーで作ったのかなあという気がします。
 ネット慣れしている私が見てもストレスを感じてしまいます。

・コンテンツ:2点
 いpっぱいありそうな気配もしますが、
 動画が突然あったりなんだかよくわかりません。

・改善点
 誰に見て欲しいんだろうという気がします。
 動画を見なくてもわかるようにすることと、左ナビの改善、
 各ページのつくりの見直し(何故背景画像なんだろう?)は
 必須です。
 今のままだと長く滞在することが出来ないです。
google analyticsでアクセス解析しているようですが、
 問題がないのかな?と思ってしまいます。(使っていないのかな?)


*有田芳生氏:6点
・ウェブ標準:1点
 必要な要素が欠落していて、十分ではありません。

・ユーザビリティ:2点
 ユーザビリティのチェックポイントを満たしてはいますが、
 ナビゲーションが下にしかなかったり、ボタンだと思ったところがボタンじゃなかったり、
 なんか妙に使いにくいです。
 おそらく政治活動のためのサイトではないのかなと思います。

・わかりやすさ:2点
 元々有田氏を知っている人にとっては問題ないと思いますが、
 知らない人にとってはどういう人なのかわかりにくいように思いますが、
 どうでしょう。

・コンテンツ:1点
 多分政治活動のためのサイトではないためだと思いますが、
 大幅に足りないです。
 新党日本のサイトで補完する方針みたいです。

 
・改善点
 コンテンツの充実が一番の課題です。
 どんなことをする人なのかがよくわかりません。

*徳留道信 氏:9
・ウェブ標準:2点
 フロントページで作成しているみたいですが、
 標準的にはあまりよくないです。

・ユーザビリティ:2点
 トップページはまあまあですが、
 第2階層以降のナビゲーションが不親切で、使いにくいです。

・わかりやすさ:2点
 色々なコンテンツがありますが、
 サマリーのような内容があってもいいのかなと思います。

・コンテンツ:3
 そこそこ内容はあるので、量としてはいいと思いますが、
 サマリーのような箇所がないのが残念です。

・改善点
 情報量はあるので、あとは整理ですね。
 それとSEOのためにも正確に作ったほうがいいでしょう。
 第2階層以降のフレームを廃止してナビゲーションをきちんと配置すべきです。

全体的にいまいちでした。
これまで無風に近かったからでしょうか?


※環の議員ウェブサイト構築
http://www.kan-net.com/package/election/index.html

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「選挙とホームページ作成について」のコラム