システム導入のポイント:過去の成功体験に縛られない - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

坂田 岳史
有限会社ダイコンサルティング 代表取締役 IT経営コンサルタント
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

システム導入のポイント:過去の成功体験に縛られない

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
ITコンサル日記
こんにちは、ITコンサルタントの坂田です。
今日は、システム活用に過去の成功体験は必要ないことを、お話します。
尚、このコラムは、私が発行しているメルマガ「さかやんのコンサル日記」から抜粋してお送りしています。
http://archive.mag2.com/0000116110/index.html
---------------------------------------------------------------------------------
ある会社のIT経営コンサルをしています。現在、業務分析を行なっているのですが、ある部長さんに話しを聞くと過去の成功体験を楽しそうに話されます(今はちょっとジリ貧なのですが)。
それはそれでいいのですが、過去の成功体験の延長線上でしかものを考えられないようです。

例えば、注文をとるのに携帯電話のメール機能を使うことができるというと、お客様の顔を見ながら
注文をとらないといけないといいます。それは確かにその通りだと思います。お客様とのフェースtoフェースが何よりもいいコミュニケーションでしょう。
例えば高齢者の方はは携帯メールなんか使えないケースが多いので、その場合は顔を合わせて注文もらう方がいいにきまっています。しかし、お客様の中には、高齢者の方もおられれば20代の若い方もおられます。

私が言いたいのは、全てのお客様に対して同じアプローチをするのでなく、お客様ごとに合ったアプローチをするべきだということです。高齢者の方に対しては訪問して顔を見ながら注文をとる、若い人には利便性を上げるために携帯電話で注文をとるなどです。今まで、そういうIT活用をぜずに営業してきて、そこそこ売上も上げてきた。しかし、最近では環境変化で、今までのやり方では注文が取れなくなってきた。

このような状況の中では、新しい考え方やIT等のツールを活用することは大事なことだと思います。しかし、どうしても過去の成功体験から抜け出せない。このような会社は多いと思います。

ただ、幸いなことに社長さんは、危機感を持ち過去のやり方を変えたいと考えておられます(しかし、その下の古参社員の方が頑固なんです)。これはITでは解決できないので、じっくりと話しをしながら意識を変えていくしかないと思っています。

今日の一言
「過去の成功体験は過去のもの」

*****************************************


有限会社ダイコンサルティング
中小企業診断士
ITコーディネータ・ITCインストラクタ
坂田岳史(近畿経済産業局認定 ベストITサポータ)
sakayan@daiconn.co.jp
http://www.daiconn.co.jp
------------------------------------
私の理念
「一期一会」その瞬間を大切にします。

*****************************************