法務スタッフに営業経験は必要か - 転職活動サポート - 専門家プロファイル

株式会社LCC 代表取締役社長
転職コンサルタント
03-3401-9617
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

法務スタッフに営業経験は必要か

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 転職活動サポート
キャリアコンサルの現場から
先日、知人の紹介で若手の企業法務担当者と話す機会があった。法学部を卒業して新卒で内定していた会社が、在学中の成績が優秀であったこともあって、法務部への配属を決めていたことを知った本人は「まずは現場を体験したい」と営業部門への配属希望を強く訴え、会社側は渋々了解した。他の新人営業マンと一緒に飛び込みセールスを担当し、2年間トップの成績を収めたところでキャリア面談が行われ、今度は法務部を希望して異動し、現在は法務部で契約法務を中心に活躍している。営業部門からは「現場を知っているから話はわかってくれる。相談しやすいが、頑固で手強い。」と言われているそうだ。本人に目標とする姿を聞くと「現場と一緒に戦う、頼りになる存在」と返ってきた。

ある会社では、法務部に新卒は配属しない。新人はほとんどが営業部門に配属され、営業マンをやっているうちに法務部門担当の役員が適性を見ながら目星を付け、2〜3年したところで法務部に異動。その後は法務か管理部門でキャリアを重ねて行く。

筆者自身もリクルート入社時は営業マンだった。もっとも、入社当時は法務部は無かった。3年目に総務部法務課が組織され、そのときに異動した。法務部のマネジャーになってから、採用した新人法務スタッフは全員は6ヶ月〜1年間は営業部門に研修として「出向」させていた。会社の商品やサービスを知り、また、社内人脈を形成するために有効な手段であったと考えている。

一方で新人で法務に配属された後は異動も無く法務部門だけで育成して行く企業も多数ある。法務組織の要員戦略や育成方法など、これまで接してきた事例をまとめながら、一度考察をしてみたいと考えている。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(転職コンサルタント)
株式会社LCC 代表取締役社長

法務15年の経験。法務部・法律事務所に精通した転職コンサルを

企業の法務部に所属している方や法律事務所に在籍中の弁護士の方を対象に、オーダーメイドによる転職コンサルティングを提供。法務15年の経験と人材斡旋8年の豊富な人脈・情報網から、一人ひとりの要望・適性に即した最適なマッチングを追求していきます。

03-3401-9617
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「キャリアコンサルの現場から」のコラム