新社会人に必要な保健とは! - 保険選び - 専門家プロファイル

伊藤 誠
代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
羽田野 博子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

新社会人に必要な保健とは!

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
生命保険 保険の選び方
私は学生で、来春就職します。
現在はまだまだすねかじりで、生活費の一部を仕送りに頼り、保険等も親任せになっています。

就職すれば、学生の間に受けた奨学金を返還しなければなりません。
入社時点でほとんど蓄えがない状態になると思いますので、給料の一部は貯金(あるいはその他の目減りしにくいもの)としたいところです。

初任給は約20万強(手取りでどのくらいなのかは正確には把握できていません)、
賃貸マンションに一人暮らし(もちろん(?)未婚)です。
静岡県ですので、震災保険等が少し余分にかかるかもしれません。

このような場合、最初に入っておくべき保険はどういったものでしょうか。
持病はありませんので、医療保険は一般的なもので良いと思うのですが
(もっとも、それがどのくらいなのかは全く見当がついていません)。

独身時代は、親が金銭的に問題ない場合、自分のことだけを考えて保険に加入します。

わかりやすく言うと、
1.死亡保険は加入しなくてよい。
(あなたが万が一の場合、金銭的に困る人がいないから)
2.入院保険は加入を検討してよい。
(年齢的に月々2000円以下)
3.貯蓄を優先すべき。しかし、保険で貯蓄を考えない方が良い。
(会社に財形があれば、財形もよいのでは)
4.親に仕送りし、返すぐらいの気持ちで!