なぜ使命をもたなくてはならないのか?(3) - 販促・プロモーション戦略 - 専門家プロファイル

山内 真一
テットコム 代表
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
福田 幸治
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

なぜ使命をもたなくてはならないのか?(3)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション戦略
こんにちは。山内です。

さて、こんな思いをもつ方も少なくないでしょう。
「使命とか難しいこと言っても、大事なことを忘れてないか?」

医療関係者の方も、ホームページの制作をなさっている方も、
「そんなこと言っても集患・増患できないのでは意味がないのでは?」
というご意見もあると思います。

僕は、福音を届けているお医者さんに診ていただきたいのは、多くの方が思うことではないかと思います。実際に、市内からも、遠方からも患者さんがいらっしゃるのは日本全国の医療施設でおきている出来事です。

そして、「ホームページに訪問された方にとっての福音(ふくいん)=よい便りとなること」をスタッフ全員が共有することで、組織全体が情報発信に興味をもち、仕事のこと、患者さん・社会が抱える問題点に目を向ける原動力になると思うのです。
さらにいえば、スタッフのやる気につながり、採用スタッフの質の向上にもつながり、組織全体に好影響をもたらすものになることでしょう。

ちなみに・・・・
経営に影響を及ぼすほどの緊急性があるのでしたら、早急な「集患・増患」はホームページという媒体でなく、広告をおすすめします。これについては後日ご紹介します。