情報調査力のプロフェッショナル - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

情報調査力のプロフェッショナル

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
情報・知識 ビジネス書紹介
こんにちは。グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

本日は、ビジネス書を紹介させて頂きます。

『情報調査力のプロフェッショナル―ビジネスの質を高める「調べる力」 』
 著者:上野 佳恵 氏
 発行所:ダイヤモンド社


最近発売されましたビジネス書の中で読み応えのある書籍の一つです。

既に新聞やインターネットで書評が掲載されていますし、発行部数も伸びているようですのでこの書籍についてご存知の方も多いかと思います。

著者の上野 佳恵さんは、日本能率協会総合研究所などを経て、マッキンゼーでリサーチ・トレーニングを担当していたという経歴の持つ主です。
現在は、リサーチ関連サービス・コンサルティングを行う(有)インフォナビを設立し代表取締役をされています。


私は、経営コンサルタントとして、クライアントの市場調査や需要調査を支援したり、講師セミナーとしてマーケティングリサーチ(「ネットで入手できるデータを活用した効率的・効果的なマーケティングリサーチ」)の指導を行っています。

ほぼ毎日、インターネットを活用して情報サーチ(検索)を行っています。


私は自分の情報サーチの考え方などを確認する目的で、この上野さんの書籍を読ませて頂きました。

 
その結果、自分のやり方について再確認でき且つ、多くの共感を持たせてもらいました。

市場調査は、日々の積み上げがないと難しいけれど、想定した情報を得られ調査目的を達成し、次のアクションにつなげることが明確になったときの達成感はなんとも言えません。

そのために、上野さんが述べられていますように、自分の仕事・業務に必要な情報源の引き出しと情報自体の更新が必要です。

私は、毎日仕事を始めるとき、この情報源の更新を定期的に30分ほど行っています。
この日々の積み重ねが、情報サーチが必要な時に威力をはっきしてくれます。

上野さんの書籍の中で、特に私が自分の経験と照らし合わせて共感した部分は、第7章■情報プロフェッショナルへの道 で述べておられます、リサーチのプロセスに関する記述です。

情報を何のためにどう使うのかという目的を明確にし、与えられた時間やコストの条件を確認し、あらかじめこのあたりを探してみようという目星をつけこういう順番であたってみようというプロセスを練ってから(Plan)、実際に情報を集める(Do)。作業をしている段階では、「これで足りるのか?」「これでいいのか?」というチェックを常に怠らない。いま手に入れようとしているデータで当初の目的はクリアできるのか、間違った方向に進んでいないか、データと自分の言いたいと思ったことが一致しているのかなどについて、ときどき立ち止まって確認する(See)。そして、もし、何らかのズレを感じたら、すぐに軌道修正を図る。



ズレを感じなくなるまで、Plan⇒Do⇒See のプロセスを繰り返す。


このことは、私が繰り返し行っていることであり、「ネットで入手できるデータを活用した効率的・効果的なマーケティングリサーチ」セミナーで口を酸っぱくして説明していることです。

この方法こそが、上野さんが言われますリサーチの王道です。



上野さんは、わかりやすい事例をもとに、どのような手順でリサーチを進めればよいか、どんな情報源があるのかが体系立てて説明されています。

手に入れた情報をどのように精査すればいいのか、精度の高い情報を得るためにどんな情報源を使えばいいのか、ノウハウも紹介されています。

情報源になるべく近いところで情報を得ることはリサーチの鉄則、など。

本書は、

・これから起業を目指す人で対象市場や顧客を調べたい方
・事業計画を作成するためにマーケティングリサーチや市場規模の見積もりを行いたい方
・企業にお勤めで、
 中堅社員、リーダークラスの方で市場調査や分析能力を高めたい方
 営業担当の方で、売上向上を図るために市場調査力と分析能力を高めたい方
 経営企画担当の方で市場調査力や分析能力の向上を目指している方、など 向きです。




本書の構成

◆目次◆
はじめに
序章 プロフェッショナル・リサーチャーの作法
第1章 調べる仕組みとは
第2章 ビジネス情報ニーズの範囲
第3章 企業と人物について調べる
第4章 基本のリサーチ1「企業」「人物」
第5章 業界について調べる
第6章 基本のリサーチ2「業界」「消費者」
第7章 情報のプロフェッショナルへの道
あとがき





さて、私も4月19日のコラムで書きましたように、インターネット活用セミナー「マーケティングリサーチの実施・市場規模の把握からインターネット戦略立案、集客、Webサイト運営方法まで → インターネット活用の基本のキホン!」を5月24日(日)の13時から17時30分まで、かながわ県民センターで開催致します。


本セミナーでは、インターネットを使用したマーケティングリサーチからインターネット戦略立案、集客、Webサイトの運営方法など実践的な方法を説明します。


カリキュラムは、以下の通りです。

1.マーケティングリサーチの目的

2.マーケティングリサーチの理論と実際

3.インターネットを活用したマーケティングリサーチの方法

4.インターネットによるマーケティングリサーチの実施事例

5.インターネット戦略立案とWebサイト活用目的の明確化

6.独自ドメイン取得とWebサイト構築
- 1)独自ドメイン取得のメリットと活用方法
- 2)独自ドメインの種類と特徴
- 3)Webサイト構築方法の種類と特徴

7.Webサイトへの集客方法
- 1)検索エンジンからのアクセスを増やすには?
- 2)他メディアを利用した集客方法

8.Webサイトのアクセス状況分析と問題点の把握
- 1)アクセスログとは?
- 2)アクセス解析ツールの種類と導入方法
- 3)アクセス解析の活用方法



私は、上記セミナーの前半部分(1項から4項まで)のインターネットを活用したマーケティングリサーチの理論と実践的な方法を担当いたします。

前半部分のポイントは、新規事業・起業を行うときに、世の中に存在するインターネット上に無数に存在するマーケティングデータ(統計情報やマーケティングレポートなど、他者により収集され公開されたデータを活用してマーケティングリサーチを行い、対象市場や顧客を明確化し、競合他社への対応まで含めた市場性・事業性の検証、確認を行い、市場が必要としているもの=売れる見込みのあるものをどのようにして探すか、です。

マーケティングリサーチと言っても難しい理論の説明はありません。
ある飲食店の開業を目的とした市場性調査を事例として取り上げて、マーケティングリサーチの各ステップをわかりやすく説明いたします。

スケジュールと開催場所は、以下の通りです。

◆日 時;2009月5月24日(日) 13時00分〜17時30分 
◆会 場;かながわ県民センター 会議室305
◆受講料;3,000円
◆問合せ;(特)日本経営士協会 横浜経営支援センター



セミナー詳細とお申し込み方法は、横浜経営支援センターセミナー開催情報をご覧下さい。



よろしくお願い致します。

以上、

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「情報・知識」のコラム