保険料だけで選ぶのは、保険会社の思う壺! - 保険選び - 専門家プロファイル

株式会社FPソリューション 
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

保険料だけで選ぶのは、保険会社の思う壺!

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
皆さんは保険料に一番最初に眼が行きませんか。それは、保険会社の思う壺です。

なぜかというと、保険は確率でできています。何の確率かといえば、簡単に言うと保険会社の支払う確率です。すなわち保険料が安いということはそれだけ支払う確率、または額が低いということになります。

日本の保険会社の保険は、内容がまったく同じならばほとんど保険料は変わりません。それが、見た目は同じで保険料が何千円も違うとなると、何か裏があるということです。そのことがわかって加入するのならば問題はないのですが、わからないで加入すると無駄な支出が発生します。そうならないためにも、保険は以下の順で考えて加入しましょう。

1、保険の加入目的を明確にしましょう。
不安だから保険に入るのではありません。万一時にお金に困るから保険に入るのです。お金に困らなければ保険に入る必要はありません。

2、どのくらいの保障額が必要か計算しましょう。
万一時の支出と収入を計算して、支出から収入を引いてプラスならばその分がお金に困るということです。

3、目的にあった最適な保険種類を選びましょう。
生活費のため、葬儀費用のため、子供の教育資金のためなど目的ごとに保険期間、保険種類を考え保障がダブらないように注意しましょう。特約(オプション)のオンパレードはやめましょう。オプションをすべて使うことはあり得ません。

4、保険料の検討をしましょう。
最適な保険を選んだら、ここではじめて保険料が高いかどうか検討しましょう。高い場合には、何かの条件を落とすしかありません。最初に戻り検討です。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。