Most Happy Dog賞 - 犬のしつけ・訓練 - 専門家プロファイル

中西 典子
DoggyLabo 
しつけインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ペットのしつけ・訓練

小川 亜紀子
小川 亜紀子
(しつけインストラクター)
小川 亜紀子
小川 亜紀子
(しつけインストラクター)
中西 典子
中西 典子
(しつけインストラクター)
水土 はなん
(しつけインストラクター)
中西 典子
(しつけインストラクター)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Most Happy Dog賞

- good

K9ゲーム
第一回ジャパンK9ゲーム でのことです。

アクセルと参加したものの、成績はふるわず、
2日間あったゲームも、二日目は専ら応援担当でした。

すべてのゲームが終わり、上位入賞者たちへのメダル授与も終わり、さあ帰ろう!とアクセルをキャリーバッグに入れると・・・

ダンバー博士はまた「メダル」を手にしました。
これから贈られる賞の名前、それは

「Most Happy Dog 賞」
?ダンバー先生が語り始めました、、、
「このゲームに参加した犬の中に、競技場内でのリハーサルで? 怖くてイスの下に隠れてしまい、ふるえていた犬がいました。? 隠れている犬をなだめて、抱きしめてしまっては、? ますます隠れるようになってしまいます。? ? 私はハンドラーに、競技場内のいろいろな場所でおすわりや? マテなど、犬ができることをさせて自信を持たせるように
 言いました。? そして、犬は立派に競技に参加することができました。? その犬は、小さなミニチュアシュナウザー・・・? アクセルです!」

感動しました(;_;)
この受賞は、ドッグスポーツジャーナルに掲載されました。

「すばらしい飼い主に出会えて一番ハッピーだった犬。はじめは怖がって椅子の下に隠れたりしていたのに飼い主が指示に従って犬に自信をつけさせ、最後には元気いっぱいしっぽを振って競技できる犬に成長した。」?
:ドッグスポーツジャーナル2月号