ビジネス文章力をアップさせる(25) - クリエイティブ制作全般 - 専門家プロファイル

野村佳代
出版/広告プロデュース〜企画・ライティングからデザイン・印刷まで 株式会社アスラン編集スタジオ 代表取締役
ライター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:クリエイティブ制作

赤坂 卓哉
赤坂 卓哉
(クリエイティブディレクター)
石川 雅章
(広告プランナー)
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ビジネス文章力をアップさせる(25)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. クリエイティブ制作
  3. クリエイティブ制作全般
中小企業の売上を上げるしくみ作り ビジネス文章力養成講座

読み手の感情を動かす




改めて文章の目的を考えてみよう



「ホームページや会社案内に書く文章がうまくまとまらない」という相談を受けることがあります。

ニュースレターやブログについて、「ネタがなくて書けない」と言われることもあります。

ホームページ
会社案内
ニュースレター
ブログ
小冊子 etc.


改めて、これらの「目的」について考えてみましょう。

これらは、「売り込み」ではないはずです。

つまり、直接の目的は「お客様に買っていただく」ことではありません。

直接の目的は、「会社(社長)を好きになっていただく」「会社(社長)のファンになっていただく」ことです。

その結果、会社の商品やサービスを買っていただくわけです。
つまり、「お客様に買っていただく」ことは、あくまで間接的な目的なのです。


何より大切なのは等身大の言葉で書くこと



ファンになっていただくには、会社のこと、自分のことを知ってもらう必要があります。

知っていただいて、読み手の感情に訴える必要があります。

その際に大切なのは、自分の等身大の言葉で書くこと。

格好つけた言葉、むずかしい用語では、相手に届かないのです。


お客様は、商品・サービスへの会社の真摯な姿勢を求められています。

文章には、どう隠しても人柄が出てしまうものです。
あなたが自社の商品・サービスに対して真摯な姿勢を持っていれば、必ず文章に表れてきます。

だからこそ、等身大の言葉で書く必要があるのです。

格好つけた言葉、むずかしい用語は、あなたの本当の姿ではありません。
自分のそのままの姿で、自分の素直な気持ちを文章にすると、そこには必ず真摯な姿勢が表れてきます。

それこそが、お客様の心に訴える文章になるのです。



アスラン編集スタジオ
野村佳代ブログ