【大災害のとき、建築士にもできること】 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

須永豪・サバイバルデザイン 
長野県
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【大災害のとき、建築士にもできること】

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
建築的
阪神・淡路大地震があったように、
首都圏直下大地震も必ずあるとそのスジの専門家は口をそろえる。
それが5分後に来るのか、10年後に来るのか、が不確定なだけ。
そういう大災害の時に、細々と仕事をしている建築士が役に立てることってなんだろう?

大災害からの復興時には、早く生活を立て直したいと願う人たちは、 じっくり設計している時間なんて無いから、おそらくハウスメーカーに駆け込む。
でも、みんながそれで、いいのだろうか?
そういう街並ができちゃって、いいのだろうか?

そこで、須永豪・サバイバルデザインは、こうしようと思う。
大災害後の混乱期には、過去の仕事の図面一式をこのHP上で公開・無料ダウンロードできるようにしよう、と思う。
もし自分の土地に入りそうな建物があれば、どうぞお使いください。
図面一式をダウンロードして、どこでも工務店・建設会社に持ち込めば、大旨同じような建物を建ててくれる。
細かいところの多少の違い、内装外装の仕上や設備の仕様などは
好みやお財布・工務店の都合で自由にアレンジしてもらって構わない。
土地の形は、十人十色でみな違う。家族構成、生活スタイルも違う。
僕一人が放出してもうまく当てはまるプランはないかもしれない。
でも、少なくともハウスメーカーの家とは、全然違う建物ができる。

建築士ならだれでも過去の仕事の図面を持っている。
お金は、恥ずかしながらあまり持っていない。
建築士の財産は、ひとつづつ残してきた建物。
だから、困っている人の役に立つなら、それを放出したらどうだろう。

もしよかったら、みなさんもいかがでしょう?
もし他にも「やるよ」という建築士さんがいてくれたら、被災者の選択肢はうんと広がると思うのです。
やりたい建築士が個人的にやってもいいし、グループで集まって少し目立つやり方をする手もあるかもしれません。
「やるよ」という建築士が増えたら、そういう情報の交通整理をして、
必要な人に届きやすくするための本部のようなもの、
たとえば『復興住宅バンク』といったサイトを立ち上げるのも良いかもしれません。
「100万人のキャンドルナイト」や「打ち水大作戦」のようなネットワークでしょうか。
http://www.candle-night.org/jp/about/index.html
http://www.uchimizu.jp/
いずれにせよ言い出しっぺの僕は、一人から始めてみることにします。
(もし「一緒にやろうよ」と思ってくれる建築士さんがいたらぜひご連絡ください。リンクし合いましょう)

多くの建築士は(ウチも含め)、世間の皆さんに思われているよりずっと零細です。
これほど創造性と報酬がアンバランスな分野ってあるのだろうか、と思います。
それでも創造することを辞めない建築士ですから、基本的には心根の澄んだ人が多く、
世のため人のためになることをしたい、と心では思っています。
ただ、自分の日々の生活をガタガタにしてまで、ボランティアをやれる余裕は、あまりないだけです。

1回使って死蔵させてしまってる図面、僕のところにもいくつかあります。
僕の単独名義での住宅作品に限りますし、狭小住宅くらいしか当てはまらないかもしれませんが、
大災害を乗り越え立ち上がろうとする人のためには、喜んで提供させていただきます。
そういう時が来てしまった際は、どうぞ遠慮なくご連絡ください。


□おことわり
「設計されたものって、その建て主さんのものじゃないの?」
と思われるかたもいらっしゃるかもしれません。
そこのところをご説明します。

設計や図面は建築士の「著作」で、その権利は建築士にあります。
建て主さんとの契約では「建主はこの建築士の作った図面を使って、1回に限り建築することができる」となっています。つまりもう建物を建てた建て主さんは、「図面が手元にあろうと、同じ建物をもう1つ建てたり、図面を誰かに譲ったり公開しては、ならない」のです。

では、すごくいい建物に満足している建て主さんが、大災害の時に「親戚が困ってるから、ウチの図面、貸してあげるよ!」と独断で提供するのは? それは、してはいけないことなのです。それが、心からの善意であっても。(建築士さんの同意が得られれば大丈夫でしょう)

災害復興時に図面を無償で提供する、それは建築士の善意ではありますけれど、
その元々の建て主さんの同意を得ておく、それもマナーとして必要なことだと思います。
もちろん住所など個人情報は消しておかなくてはいけないですね。

http://www.sunaga.org/daily/daily0801.htm#081204

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(長野県 / 建築家)
須永豪・サバイバルデザイン 

人間らしい「サバイバル」ってなんだろう?

安心して寄り掛かれるおおきな木のような存在感と、ジャングルジムのような自由さと、楽器のような豊かな響きがある空間。そういうものを、木でつくりたい。

カテゴリ 「建築的」のコラム