廉価 vs. 安い - 販促・プロモーション戦略 - 専門家プロファイル

今井 英法
マハロマーケティング合同会社 PRコンサルタント
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
福田 幸治
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

廉価 vs. 安い

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション戦略
広報・PR|言葉に敏感になりましょ。
広報・PR:マハロマーケティング
ローコスト・ブランド・プロデューサー
今井 英法(いまい ひでのり)です。

マハロPR塾へ、ようこそ。


今日のテーマは、廉価 vs. 安い




前回、値段が安いという意味で、廉価を使用しました。

廉価、って、よく使います。
特に、食品の業界紙へのメッセージに対して

ちょっと堅苦しい感じですが、
安い=品質も悪い、というイメージがあるからです。

安かろう、悪かろう、では、お客さんも寄ってこないですね。

語感からのイメージ、ニュアンスも大切です。

読者の方の業界で特長のある言葉、ありましたら、お教えください。
皆さんで共有しましょう。

ご参考になれば、幸いです。

では、また次回のマハロPR塾でお会いしましょう。


メルマガ[マハロPR塾]考えるマーケティングPR思考