節税と脱税は紙一重? - 確定申告 - 専門家プロファイル

東京都
税理士
03-3639-1881
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

節税と脱税は紙一重?

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 確定申告
医院開業
皆さんこんにちは。湯沢会計事務所の湯沢勝信でございます。
節税と脱税について前回お話ししましたが、今回はその補足という事で、節税と脱税の境目、という事についてお話ししようと思います。

日本の税法というものは非常に複雑でありまして、そして税法には全ての具体例が書いてあるわけではありません。ですから納税者の方は節税しているつもりが脱税になってしまう、という事やその逆の事がよくあります。

自分が物を売るための仕入れをした、この代金を「経費」として申告するのは当然「節税」になります。
ですが、自分の会社で給食を出している。この給食を仕事中に家族で食べた、これを「経費」とすることは「脱税」になります。
このように「節税」と「脱税」はかなり曖昧で、中でも難しいのが「節税」と「脱税」の境目、グレーゾーンと呼ばれる部分になります。
これは私たちプロである税理士から見ても、税務署の方から見ても難しい。ましてや納税者の方から見ればわけがわからない世界です。

「節税」のつもりが「脱税」だった、などという事が無いよう、税金につきましては確かな専門家に相談する事をおすすめします。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)

病医院経営に必要なものは何か─医療専門の税理士にお尋ね下さい

私は医師や歯科医師の先生方が免許は1つでもそれぞれ専門をもっていらっしゃるのと同じ様に、税理士事務所の中でも医師、歯科医師、公益法人に特化した仕事をしています。先生方が必要としている事により応えられる事務所になるべく進化し続けてまいります。

03-3639-1881
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「医院開業」のコラム