「歯並び」や「かみ合わせ」の診断は 3歳頃 から - 虫歯治療 - 専門家プロファイル

吉岡 武史
よしおかデンタルオフィス 院長
東京都
歯科医師
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「歯並び」や「かみ合わせ」の診断は 3歳頃 から

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 一般歯科・歯の治療
  3. 虫歯治療
かみ合わせ  成長期のかみ合わせ

「歯並び」や「かみ合わせ」の診断は 3歳頃 から出来ます。



 早ければ3歳頃から歯並びやかみ合わせ"傾向"を判断できます。


自宅でのチェックとしては、



  3〜4歳頃
   乳歯列で凸凹がある、歯ぎしりが多いなどは要注意。

  5〜6歳頃
   交換期が近づいてきたら、乳前歯に隙間が出来るのが良い状態です。

    隙間がないのは永久歯が並びません。


  上の前歯が被さって、下の歯が見えないのも顎の発育が少ない傾向です。

  左右や前後の高さの違いも問題です。



   そのまま放置してしまい
    前歯が斜めになって、10歳前後に相談に来る方が多いのです。

   また女性は成長が早いので、チェックも早めにして下さい。

  
地域の保健活動で 1歳半、3歳児の健診で不正の傾向を見つけて
  指摘すると感謝される場合が多いのです。

  まれに怒りを表す方がいることが残念な事ですが・・





  身体バランスをみるかみ合わせ治療 よしおか歯科