超格差の景気対策? - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

尾野 信輔
株式会社えん 
不動産投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

超格差の景気対策?

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 不動産投資・物件管理全般
景気動向 国内
ソースがスポーツ新聞なのでこんなものかもしれませんけど、半分合ってて、半分間違ってます。
問題点を指摘するには良いのですが・・・

フザケルナ!「麻生政権の景気対策」恩恵に“超格差”

2009年04月20日10時00分 / 提供:ゲンダイネット

 自公政権がブチ上げた15兆円の追加経済対策に、「金持ち優遇だ!」と非難の声が噴出している。一連の景気刺激策で、金持ちサラリーマン家庭と独身派遣社員の“損得勘定”はどうなるのか。シミュレーションすると驚きの結果が出た。

 麻生一郎さん(40)は専業主婦の妻(36)、長男(5)、長女(3)の4人家族。民放キー局社員で年収1800万円だ。

 一方、自動車工場勤務の派遣社員・小沢太郎さん(38)は、年収360万円の低賃金がネックとなり、今も独身。賃貸アパートに住んでいる。

 麻生さん一家が受け取れる定額給付金は合計6万4000円。さらに、3〜5歳の子供がいる世帯は今年度、1人3万6000円の子育て手当が出る。給付金と合わせて総額13万6000円にもなる。一方、小沢さんがもらえるのは給付金1万2000円だけだ。

 蓄えのある麻生さんは今年、都内一等地の高級マンションを購入する。その際、父親からも資金を援助してもらうが、贈与税減税で最大610万円まで非課税。85万円もの税金がタダになる。

「住宅ローン減税の“拡充”により、10年間で最大600万円が税金から控除されます。それには10年後の借入残高が6000万円ある必要があるため、かなりの高額物件でなければダメです」(元静岡大教授で税理士・湖東京至氏)

 麻生さんの住宅ローンは9000万円。最大の600万円が戻る。

 また、麻生さんはこれまで乗っていた車齢13年の高級外車を廃車にし、新型の国産ハイブリッド車への買い替えを決めた。同時にETCも取り付ける。小沢さんは車齢12年のポンコツ車だが、買い替える余裕はない。

「麻生さんは25万円の買い替え補助を受けられるうえ、エコカー減税も適用され、計40万円ほど得します。ETC助成金5250円も加わりますね。小沢さんの車は来年度から13年目で、自動車税が約10%アップします」(都内ディーラー)

 転居に合わせて家電も一新する麻生さん。リビングには最新型の地デジ対応テレビ(30万円)を購入する。小沢さんは地デジに完全移行する11年までに、購入資金をコツコツ貯める計画だ。

「今年度中に最新テレビを買う麻生さんには10%のエコポイントが付きます。同時に古いテレビをリサイクルに出すと3%のオマケが付き、計3万9000円分の買い物ができる。来年度以降に買い替える小沢さんはポイントが付かないどころか、リサイクル料まできっちり取られてしまいます」(家電量販店店員)

 結果、麻生さんが国から受ける恩恵は、なんと740万円超! 一方、小沢さんは給付金1万2000円のほかは、カネが出ていくばかりだ。

「麻生政権の景気対策は庶民には何の関係もありません。これが何年も続けば、チャンスが巡ってくる人もいるでしょうが、ほとんどは今年度限りの措置だから不公平です。贈与税の減税なんて、結局、相続税を払うような金持ちが得をするだけ。総額15兆円も使うなら、その半分を消費税減税に回せば3%減らせます。一連の景気対策は子供だましにもなりません」(湖東京至氏=前出)

 国民よ、怒れ!

◇景気対策メニュー/麻生さんの場合/小沢さんの場合
◆定額給付金/6万4000円/1万2000円
◆子育て手当/7万2000円/0円
◆贈与税減税/85万円/0円
◆住宅ローン減税/600万円/0円
◆新車買い替え補助/25万円/0円
◆ETC取り付け助成/5250円/0円
◆エコカー減税/約15万円/0円
◆家電エコポイント/3万9000円/0円
◆合計/743万250円/1万2000円
(日刊ゲンダイ2009年4月17日掲載)


最初に問題になってくるのは、まずは記事中の麻生さんと小沢さんの納税額になってきます。
この場合麻生さんは、所得税・住民税合わせて350万円弱の納税です。
一方、小沢さんは所得税・住民税合わせても14万円くらいです。

その上、麻生さんに関しては、743万円の呼び水で、1億円近くの消費をしているわけですから、今回の対策の主旨にはあっているのです。

その1億円の消費が、小沢さんの雇用を安定させ、ひいては収入の安定にもつながるわけですから、確かに一時的には格差のでる景気対策かもしれませんが、長い目で見ればあながち間違いとは言えない話です。


しかし、元々のシュミレーションの設定や意図的名前などを考えると、子供だましはどちらなのかということがわかるような気がします。