ワイヤーフレームの書き方2 - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ワイヤーフレームの書き方2

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
ホームページを作ろう! ホームページを作る際に必要なもの

ワイヤーフレームの書き方2



環の小坂です。
前回に続きワイヤーフレームの書き方。

今回はポイントの説明。
まずいきなり書くのではなく、各項目を洗い出す、
優先順位を決めるということをやります。
手書きでもいいですし、メモ帳に並べてもいいです。
ポストイットに書いて配置を考えやすくしてもいいと思います。

その次にナビゲーションの位置を決めます。
上部・サイドなどがありますが、画面の横幅も考えながら決めます。
次にその中で優先順位の高いものから配置していきます。

基本的に左→右、上→下というように配置します。
システムが絡むところや要件が曖昧なところは
前提や仮定をワイヤーフレームの横に書いておきます。

そして、必須事項のチェックを行います。
ナビに漏れがないかどうか、必要な内容は入っているか。

これで一旦完成です。

その次に説明資料ですので、補足の説明を右側に書いていきます。
わかりやすくワイヤーフレームの上に吹き出しなどで書く方法もありますし、
私も時々その方法を使います。
が、その場合は番号を振るなどして後でわかるようにしましょう。
(噴出しは動かせてしまうので)

ワイヤーフレームは関係者(顧客や営業・制作、パートナーなど)と
共有するための資料ですので、
「わかりやすさ」と「洩れなく」が最重要です。
その点をしっかり抑えてください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ホームページを作ろう!」のコラム