アメリカ住宅着工減少続く! - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アメリカ住宅着工減少続く!

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
よもやまブログ
こんにちは!

今日は、東京は雨でしたが、このところ初夏を思わせる天気が続いていたせいか、妙に「肌寒く」感じました。
うちのスタッフもすかさず、朝からガスファンヒーターのスイッチを入れていました(笑)

季節的には、それほど寒い気温ではありませんが、一度「暖かさ」を感じてしまうと、寒さへの逆戻りが厳しく感じるものです。

まさに、人間の感じる景気状況や相場環境なども、ある意味同じなのかもしれません。

暖かく、居心地の良かった時期から、いきなり「大暴落」は骨身にしみるものです。

そしていつしか、人間は、その“寒さ”にも、また慣れてきます。

その“寒さ”が、今度は普通に感じるようになっていくのです。


しかし、いずれまた“暖かく”なります。

投資においては、今まさに、暖かくなるための準備、場合によっては仕込みの時期なのだと思います。

問題は、この時期をどう過ごすかですね。


さて、16日アメリカ商務省が、3月の住宅着工件数を発表しました。

2月に8か月ぶりに「プラス」に転じた数値ですが、3月は前月比−10.8%とまた落ち込みとなりました。
前年同月比では、48.4%のマイナスです。

逆に、3月の差し押さえ件数は、前年同月比46%増となり、こちらは過去最高となっています。

上記の結果だけ見ると、「春」はまだまだ先と思える数値ですが、ここまで下がってくると、逆にかなりの割安物件が市場には出始めることとなります。
そして、新たに住宅購入できる層が増えてきているのも、事実です。

しばらく、新築の着工は下落傾向が続くと思われますが、今後、割安な中古住宅の売買が増えていくかが、ひとつのポイントと言えるでしょう。

引き続き、住宅関連指数は、ウォッチしていきたいと思います。


さて、本日、メルマガの発行日です。

先般、発売されました書籍「海外ファンドのポートフォリオ」の出版を記念しまして、今回は、DVDプレゼントや無料プランニングのお知らせなど、お得情報満載です。
ぜひ、後ほどご覧いただきたいと思います。
http://www.mag2.com/m/0000121186.html

それでは、皆さん、この“寒さ”に体調を崩すことなく、良き週末をお過ごしくださいね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム