SEOの効果をあげる方法(その1) - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

SEOの効果をあげる方法(その1)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
SEOの効果をあげるにはまず順位をあげなければいけません。
具体的にはyahooとgoogleで10以内に入ればよいでしょう。
(1位にすることにはあまり意味はありません。)

では、どうすれば順位があがるのでしょうか?
実際に興味のあるキーワードで検索してみてください。
そしてページを見てください
どうですか?そんなに期待と外れていませんよね?

<ポイント1>・そのキーワードにふさわしいコンテンツがあること



小手先のテクニックは通用しません。
そのキーワードならではの内容がないことには上位には来ないのです。

<ポイント2>・キーワードの選定をしっかり考えること



特に専門的な人に多いのですが、自分達が使う言葉をキーワードと勘違いすることがあります。
ターゲットが実際にどう検索するか?これが重要です。
漢字か、ひらがなか、かたかなか、アルファベットか。
略語で検索する人がいるかもしれません。
ターゲットの知識レベルにあったキーワードはなんでしょうか?
見て欲しいコンテンツにおいて重要なのは何ですか?
商品名ですか?サービス名ですか?通称ですか?地名ですか?
あなたがユーザの立場だったらどう検索するかを考えてください。

<ポイント3>・アクセス解析で検証する


思い込みは防げません。
ユーザがみるコンテンツはどれか?キーワードはどれか?
これをしっかりアクセス解析で検証してください。
参考サイト:http://www.sibulla.com/?allabout

ここまではウェブサイト作成のプロでない方にとっても重要なことです。

ポイント4からは実際に作る際の注意点です。

http://www.kan-net.com/?allabout

ホームページ制作会社
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。