生命保険 見直し - 保険選び - 専門家プロファイル

森 和彦
有限会社プリベント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険 見直し

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
生命保険

生命保険 見直し



会社経営において社長の死亡は大きなリスクです!!

経営は順調ではないものの赤字決算にすることもなく会社を経営しています。

銀行借入金は1億円。

決算間近で社長が突然心筋梗塞で死亡しました。

社長は2億円の生命保険を契約していて、決算前に後継者は2億円の保険金を受け取りました。

後継者は、決算前に約3000万円の死亡退職金を受け取り、銀行に1億円を返済しました。

でも200万円しか会社には残りませんでした。

2億円(保険金)−3000万円(死亡退職金)−1億円(銀行返済)=7000万円

7000万円残るはずなのになぜでしょう?

銀行の借入金返済は損金処理できません。
従って、1億7000万円に対して課税されます。

法人税に実行税率を仮に40%とした場合
1億7000万円×40%=6,800万円

6800万円が法人税ということになります。

従って7000万円−6800万円=200万円しか会社に残らないのです。

組織は一度動き出したら、停まることができません。
お客様もいるし、大切な従業員もいるのです。
社長と後継者で万一のときのことを考えておくのも大切なことですね。



81211

こちらをどうぞ↓
保険業界で頑張る社長のblog

ファイナンシャルプランナー 森 和彦